にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 ステイヤーズステークス・チャレンジカップ 感想戦

日曜日の己の愚かさを未だに引きずり気鬱が晴れないのだが、某芸人さんのように時を戻すことはできないわけで、無理やりにでも前を向くしかない。
そうでなければ、この際とことん後ろを向いて、土曜の己も負けず劣らず愚かだったと晒してしまい、開き直るべきだろうか。

◆ステイヤーズステークス

◎⑦メイショウテンゲン
◯⑤アルバート
▲④ボスジラ
△②シルヴァンシャー
△⑩タイセイトレイル

【買い目】
馬連・3連複 ⑦ー②④⑤⑩

【着順】
⑪オセアグレイト
⑬タガノディアマンテ
③ポンデザール
⑩タイセイトレイル △
⑨ヒュミドール

稍重での長距離戦とはいえ、3ハロン39.8、5ハロン1:06.2、10ハロン2:11.7というなかなかお目にかかれないどスローのペースとなる。
こうなるとステイヤーとしての持久力なぞはさほど関係なく、好位置をとった馬たちの決め手勝負。途中から先頭に立ったタガノディアマンテを好位から追ったオセアグレイトが差し切って重賞初勝利を決める。

こちらの本命対抗はずっと後方にいたきりで最終着順も逆ワイドになってしまう始末。展開が向かなかったこともあろうがさすがに負けすぎ。
アルバートはさすがに寄る年波には勝てなかったか。同世代のタガノディアマンテとともに長距離を盛り上げねばならない筈のメイショウテンゲンに至っては、早めに進出しようと向正面で鞍上がグイグイ押すもまったく動こうとせず、もう走る気ないのではと心配になる有様だった。

馬券的にはここまで的外れなら悔しがる資格もない。長丁場のレースを見終わって何じゃこりゃとただ途方に暮れるばかり。

 



◆チャレンジカップ

◎⑪ブラヴァス
◯①ヒンドゥタイムズ

【買い目】
馬連 ①⑨⑪

1点でドーンにしようと思ったが、初ブリンカーのサトノクロニクルが気になって、少額抑えておく。レイパパレについては3着までなら良し、それ以上来ちゃったらまあしょうがないとの構え。

【着順】
⑦レイパパレ
⑪ブラヴァス ◎
①ヒンドゥタイムズ ◯
⑨サトノクロニクル
⑥ジェネラーレウーノ

実際に来られてしまうと、ンだよ飛べやクソがと口汚くなってしまう己が情けない。

こちらもスローペース。ラップを見ると三浦皇成氏も4〜5ハロンあたりから少し速めたりしており、単調な逃げというわけでもないのかもしれないが、その段階では後ろを引きつけすぎており楽に追走させてしまう。

番手にいたレイパパレが頃合いとばかりに抜け出し、後ろの先輩牡馬たちはジリジリとしか詰められず、3歳牝馬による無敗の重賞制覇達成。
また幻の秋華賞馬とか言い出しちゃう人が出てくることになったわけだが、この相手関係でこの展開でこの内容では何も測れない。
もう一段強い相手・厳しい展開になった時に、更にこの馬がパフォーマンスを上げるか案外の結果になるか。楽しみにしたいがどちらに賭けるかはもちろんオッズ次第。


というわけで土日とも話にならずただただ金を失ったわたくしこと丸出ダメ夫。

何の、また次の土日がやってくる! つまり逆転倍返しの機会がすぐに来るってことだ!

……などと気持ちを立て直すことが週末までに出来るだろうか。
とりあえず今はダウン中。