にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021クラシックへの道㉕ 専用機か汎用機か(2020.10.10)

もう師走も半ばに差し掛かり、このシリーズをリアルタイムに追いつかせるのもほぼ絶望的なのだがめげすに回顧。
時は丁度二ヶ月前の秋の東京・京都の開幕週、いきなり東西とも雨に祟られ、不良で時計も掛かる過酷な馬場で競い合っておったそうな。

10/10(土)


◆東京2R 2歳未勝利 芝1800 雨 不

④プラチナトレジャー 田辺
⑪グアドループ ルメール
⑩ジオフロント 戸崎圭

開催初っ端から雨で非常に時計の掛かる馬場だったのでこの日のタイムは全て度外視。
残り1ハロンの時点でも後方にいたプラチナトレジャーが目を瞠る加速で追い込んでアタマ差勝利。次走の東スポ杯では相手強化で4着も十分渡り合えており決して重馬場専用機ではない模様。


◆東京3R 2歳未勝利 芝1400 雨 不

⑥カラパタール 津村
②エコロテッチャン 木幡育
⑬スズノナデシコ 三浦

好位にいたカラパタールが前が開くや突き抜けて4馬身差勝利。


◆東京5R 2歳新馬 芝1600 雨 不

④ディープリッチ 武藤
⑯アルジェントステラ 田辺
⑩パブリックドメイン 石橋脩

マイルで100秒かかる過酷なレースを制したのは最後方から追い込んだ16番人気のディープリッチ。人気上位馬全滅で3連単444万の高配当になる。
勝ち馬は次走アイビーSで8頭立ての6着。

 


◆東京11R サウジアラビアロイヤルカップ 芝1600 雨 不

⑨ステラヴェローチェ 横山典
⑤インフィナイト 北村友
⑥セイウンダイモス 内田博

これについてはこちら。
www.bakenbaka.com

平場も見るとステラヴェローチェを過大に評価するのもどうなのかなと薄っすら思ったり。


◆京都2R 2歳未勝利 芝1400 小雨 不

⑤デルマヤクシ 藤岡康
③サヴァビアン 藤岡佑
⑧タイフォン 幸

京都もこの日は雨で馬場状態は悪い。
番手から抜けて独走したデルマヤクシは力が違うと思える勝ちっぷりだったが次走1勝クラスでは勝負にならず。2着以下も総じて奮わずレースレベルが低かったと見るべきか。


◆京都3R 2歳未勝利 芝1800 小雨 不

⑪ギャラントウォリア 池添
⑩シーニッククルーズ 浜中
⑦レイモンドバローズ 松山

こちらも上位馬が軒並み次走馬券にならず。
ハイペースを先行して残しきり強かったというよりは後ろが弱かったと見るべきか。


◆京都5R 2歳新馬 芝1600 晴 不

⑦アールドヴィーヴル 松山
⑫ヴィジュネル 幸
⑧タガノスペルノヴァ 和田竜

先行した2頭が抜け出すも後方から怒涛の末脚で追い込んだアールドヴィーヴルが差し切って勝利。派手な勝ち方で素質は示した。次走どんな競馬をするか注目。


◆新潟5R 2歳未勝利 芝2000 曇 良

④ダノンドリーマー 岩田望
⑩バルレッタ 吉田隼
②コスモマイン 丹内

前にいた馬で決着。2歳コースレコードらしいが、まあ新潟2000の2歳戦自体があまり無いと思うのでさほど大きく捉えることもなさそう。
勝ち馬は次走京都2歳Sで健闘の5着。


オルフェーブルやキタサンブラックが示したように、本当に強い馬はどんな馬場でも強いというのが持論ではあるが、一方で重馬場専用機とかその逆の馬もたくさんいるのも事実。
この日勝った馬が真の強者なのか、負けた馬が弱者と言ってよいのか。今回のように大概は次も走り終えている地点から振り返ればそう難しくはないが、本来なら当該レース後に見極めねばならないわけで。容易ではない。