にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 中日新聞杯 予想

もう週末を迎えれど先週の失態によるダメージからまだ回復しきっていない。
競馬でやらかした分は競馬で取り戻さねばならないということで。やったるぞと懸命に克己して今週も挑む。

◆中日新聞杯

◎①サトノガーネット
◯⑥トリコロールブルー
☆⑩デンコウアンジュ

中距離重賞やOP戦でお馴染みの顔ぶれが多くいるが、好走することもあれば凡走することもある馬が多く、上がり馬が上位に入れるか入れないかも予測しづらいメンバー構成、しかもハンデ戦と大変に難解なレース。
経験上、こういうときこそ広く構えるのでなく絞った方が良いということで印は3頭までで。

 


◎①サトノガーネット
昨年の勝ち馬と勝利騎手。斤量2㎏増は厳しいかなと思えるものの、背負ってる時でもしまいの脚は確かなものがあり、ペースに関わらず決め手勝負になりやすいこの舞台ではやはり有望と見る。
まず後方からの競馬になるであろうこの馬に最内枠はあまり歓迎ではないかもしれないが、最初の2コーナーで経済コース通れるという強みもある。坂井騎手には開き直った騎乗で何度もコンビを組んでいる相棒を導いてくれることを期待したい。


◯⑥トリコロールブルー
前々走同舞台のレースを好時計で勝利し、前走は1番人気も凡走して人気落ち。ここは買い時なんじゃないかと。
戦績にムラがあるが何気に2戦連続凡走はほとんどなかったり、どちらかといえば左回りの方が良くて中京は2戦2勝だったりといったところも高ポイント。


☆⑩デンコウアンジュ
決め手勝負というならこの馬の大駆けにも期待。近年は小回りで時計の掛かる馬場の方が向いている印象もあるが、状態と展開と運とに恵まれたのがたまたま小回りだった時だったんじゃないかなと。逆に言えば小回りで凡走も山ほどしているし。
キャリアで初の中京もむしろ未知の魅力と捉えられるし、長らく乗っていた柴田善騎手から今年かなりノっている吉田隼人騎手への乗り替わりも期待をかき立てられる要素。ここは抑えてみたい。


注目のヴェロックスについては、クラシックをすべて馬券内で完走した実力馬ととるか、小倉大賞典で大敗してから約10ヶ月休養していた馬ととるか。
ここは復活しちゃったらしょうがないと、後者ととりたい。


さあ復活の狼煙を上げよう。上がってお願い。