にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 中日新聞杯他 感想戦

かつて、自分が崖っぷちではなく崖の下に落ちていることに気づいてなかったという人がいたが、まさか己もそうだったとは。
ぼちぼち雲行きが怪しくなってきたな、ヤバイなと思っていたのだが、よくよく考えたらここどん底なんじゃね?と。
馬券も人生も。

◆中日新聞杯

◎①サトノガーネット
◯⑥トリコロールブルー
☆⑩デンコウアンジュ

【買い目】
馬連・ワイド・3連複 ①⑥⑩

【着順】
②ボッケリーニ
⑭シゲルピンクダイヤ
⑨ヴェロックス

 


思ってた以上のスローペースとなり、好位からしっかり脚を使えた3頭での決着。4歳の終わりに初重賞制覇を成し遂げたボッケリーニを、明け5歳の金杯で初重賞制覇してから快進撃を見せた偉大な兄と比較する向きもあるらしい。
まあ今回のメンバーレベルを考えたら些か早計かもしれないが、更に力をつけて、牡馬弱小とされる世代の筆頭に躍り出て錚々たる牝馬勢や一つ下の三冠馬と渡り合ってくれれば面白いのは確か。期待したい。

その4歳世代の代表格の一頭であるヴェロックスは、ある程度持ち直してきた、でも本来見せてほしい走りにはまだ遠いといった印象か。
当然ながら有馬記念に登録はないので、次は1〜3月のGⅡGⅢのどれかに出してみてその結果次第で春に大きなところへ向かうかどうかといったところか。こちらにも弱小世代のレッテルを返上する活躍に期待。

またゲート入り渋ったら引退だったというシゲピンさんは今回はすんなり入ったようで、走りぶりも上々。良き。

こちら本命のサトノガーネットは最後方から末脚は使ったものの、好位勢に33秒台でまとめられてしまう流れで、あれだけ外回したらさすがに勝ち目無し。まあ展開待ちのタイプではあるので仕方無し。
他2頭も二桁着順で、馬券は悔しがる資格すら与えられぬド外れ。


日曜のカペラステークスは力を発揮したときは強いんじゃないかと白枠の人気薄先行馬2頭を買い、まあ途中までは楽しめた。

見にする予定だった香港は阪神JFの敗北を受けてカップだけ急遽購入。
海外馬軸に買い、日本馬のワンツー。ノームコアもウインブライトも即座に切っており、ダノンプレミアムだけ買い目に入れてた節穴さに我ながら戦慄。
やはり馬券は買わず応援だけにしておけば、ノームコアやダノンスマッシュの快挙を素直に喜べたのにと後悔。こういうのをドツボと言う。


気がつけば今年の競馬も残り2週を残すのみ。何とか年内に這い上がりたいものであるが。