にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 ターコイズステークス 予想

下半期のGⅠシーズン、そして今年の中央競馬もついにあと2週を残すのみ。いつでもそうだが凶悪でさえある速さで時間が過ぎ去っていくことに戦慄が走る。

そんな土曜日、当方は稀代の名牝の引退式が執り行われる中山競馬場へと参戦のはこび。
翌週の先行抽選は土日とも撃沈し、今年最後の現地参戦になってしまうこと濃厚。色んな意味でもうメチャクチャだった今年を大清算できるだけの大勝利を収めてこないことには年を越せないなと。

◆ターコイズステークス

◎③フェアリーポルカ
◯⑭ランブリングアレー

前日時点だが、6番人気まで単勝一桁台、10番人気まで単勝10倍台と、ハンデ重賞らしく人気が割れており混戦模様。
どんな組合せでもそれなりにオッズが付くと広く買う派もいるかもしれないが、自分としてはこういう時こそ絞りたい派。というわけで印は2頭で。

 


◎③フェアリーポルカ
前走シンガリ負け、その前も馬券になれずということで人気を落としているようだが、元来このメンバーであれば力上位。
前走の府中牝馬Sは一口で道悪と言っても春の中山の時とは勝手が違ったのだろう、全然踏ん張りが効かぬ走りになってしまい、実力での負けでは無いと見る。
その前のクイーンSは着順こそ6着だが2〜6着までほとんど差のない競馬。争った相手もなかなかのメンツでしかもこの馬はスカーレットカラーと同じトップハンデの56㎏だった。今回はそれより楽な相手となり、しかも得意な中山、マイルでは有利な内枠。
人気して負けた前2走を経て、ここが絶好の買いどきなんじゃないかと。


◯⑭ランブリングアレー
わっけわからん大穴が開いた小倉記念以外では近走常に好走。前走のカシオペアSではその後重賞ウイナーとなるボッケリーニを下している。鞍上は旬の男吉田隼人。間違いなく買い。


今回逃げ先行馬が多く、さすがにシーズンズギフトのご乱心はもう無いと思うが、基本的には前が厳しい競馬になるのではと踏んでいる。そんな中でもし残るとしたら中山巧者で昨年のターコイズSの日に同じ舞台のひいらぎ賞を勝っているスマイルカナかなと。
まあこちらは馬場状態とオッズを睨んで取捨を決めようと思う。


なにげに今年最初の、そして最後になってしまう可能性が高い中山競馬場。
聞くところによると名物のイルミネーションなんかもやっていないそうで、むしろ物悲しさを感じてしまうかもしれないが、目一杯満喫し、この日しか見れない光景を目に焼き付けてくることにしよう。