にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2020 有馬記念 予想

色々あった土曜競馬であったが、それを振り返るのは明日という日が過ぎた後のこと。
今はただ、最終決戦に向きあうのみ。

己の想いと知恵と直感と、全てをなけなしの福沢諭吉に込めて。

◆有馬記念

◎⑨クロノジェネシス
◯⑬フィエールマン
▲⑩カレンブーケドール
△⑦ラッキーライラック
☆①バビット
☆⑭サラキア

△まではきわめて妥当な並びになってしまったが、人気上位4頭はやはりどう考えても強いと思えるのでしょうがない。
ただ、各馬それなりに不安点はある。その中でどの馬を中心に据えるか、2角崩しがあるとしたら飛び込んでくるのはどの馬か。考えるのは決して容易ではない。

 


◎⑨クロノジェネシス
無類の安定感を誇り、過去に馬券圏外になったのは秋華賞から中3週で出たエリザベス女王杯のみ。その時の5着も3着とほとんど差のない競馬で、とにかく凡走知らず。
中山を走るのは初めてなことが昨年のアーモンドアイを彷彿とさせ少し気にはなるが、大きく異なるのがこちらは時計の掛かるタフな馬場になるほど最強といっても良い強さを誇っていること。まず問題ないのでは。


◯⑬フィエールマン
その格・地力のほどは言うまでもなく、昨年の有馬記念は馬券内を逃したが、あれはマークする相手を結果的に見誤ったがための早仕掛けによるもので、アーモンドアイはじめ前の方にいた馬がことごとく沈んだ中4着に残したのはむしろ評価しても良いぐらい。
外側の枠ということもあり、今回は無理せず中団か後ろでの競馬になると思われ、となると前3頭以上に残されてしまうのが怖いが、ペースが流れてこの馬の末脚が活きる展開になれば良し、スローならスローで今度は長く組んでるパートナーが最適な仕掛け時に進出して違いを見せてくれるのではないだろうか。


▲⑩カレンブーケドール
GⅠで2着が3回続き、前走のJCは牡牝の三冠馬と互角でこれも実質2着みたいなもの。もうこれは絶対ナメてはいけない馬なのだと思い知らされた。
派手さはないものの、好位からの競馬で勝ち負けを争う数頭にいる光景は容易に想像できる。


△⑦ラッキーライラック
クロノジェネシスとは逆で、(宝塚のような極端なのは別として)ある程度時計の掛かる馬場でも一定の走りはできるが、高速馬場の方がより高パフォーマンスになるタイプ。
今の中山は相対的には不向きであるが、それでもGⅠ4勝馬を馬券外に吹き飛ぶと決めて掛かることはできない。福永騎手が控える競馬を示唆していることも、アタマはともかく3着内に入る可能性としては高まったといえるんじゃないかと。


☆①バビット
同型にキセキがいるが、前走のやらかしと近走どういう競馬で結果出しているかを踏まえると、今回はどうにかして控えることに傾注するのではと思われ、この馬の単騎逃げになるんじゃないかと踏んでいる。
セントライト記念とはまるで相手が異なるが、穴は後ろより前から開くもの。有力馬に乗った騎手たちが牽制しあって仕掛けが遅くなることも十分に考えられるし押さえておきたい。


☆⑭サラキア
バビットとは正反対で、陣営はしまいにかける競馬を示唆している。
ここ3走、まったく求められる適性が異なるレースで結果を出しており、ここにきて本格化したのではとすら思わされる。ハマれば怖い。
また個人的に今年最も会心の的中をもたらしてくれた(にも関わらずエリ女では軽視してしまった)馬でもあるので、総決算のグランプリぐらいは買い目に入れておこうかなと。


こんな感じで。
最後まで空席販売ポチポチやってたものの取ることはできず、久々に自宅有馬となってしまうが、今年は気兼ねなくゴロゴロ呑み食いしながら楽しむことにいたしましょう。