にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 フェアリーステークス 予想

昨年か一昨年も書いたと思うが、この時期の中山マイルというのは期待馬が集まりづらいのか、思ったほど同距離の桜花賞やNHKマイルに直結する印象の薄い3歳牝馬重賞。(アエロリットなどの例もあるにはあるが)
とはいえ、本番前にひと叩きという定跡はほぼ無くなり、レース間隔は空いてるほど良いぐらいになってきている近年のトレンドから、意義を再評価されてもおかしくないレースだと思っているのだがどうだろう。

固定観念にとらわれず、ここから高みを目指す乙女たちの戦いに刮目したい。

◆フェアリーステークス

◎⑧テンハッピーローズ
◯⑪オプティミスモ
▲⑮ホウオウイクセル

 


◎⑧テンハッピーローズ
前走アルテミスSで前にいた2頭のうち、1頭は後に2歳女王に輝き、もう1頭は今日のシンザン記念で不利な大外枠で馬場状態に脚質も合わないという状況で健闘の4着。
前々走ではサトノレイナスの2着と、とにかくこれまでは相手が悪かったとしか言いようがない。ここではおそらく勝ち負け必至。隠れた強者がいたとしても、まず馬券内は固いのではないかと。
シンザン記念をピクシーナイトで勝っている福永騎手がフェアリーSも制して、妖精づくしの年始となるのも良いのではないか。違う『ようせい』には絶対にならないでほしいが。


◯⑪オプティミスモ
距離延長と初の関東輸送がどう出るかだが、時計の掛かる京都でも速い阪神でも好走しているのはポイント高。
そしてその割に人気なさすぎる。ルメールの乗ってる馬と鞍上が逆なら人気も逆だったのではなかろうか。是非買っておきたい。


▲⑮ホウオウイクセル
新潟・福島と秋のローカルからの参戦。2戦連続上がり最速、特に前走はかなり強い勝ち方。坂道が苦手ということさえなければ、あっと言わせてくれてもおかしくはない。


今年の競馬は初っ端の万葉Sで小さな的中を得たっきりで、ここまで外れっぱなし。
2021年の重賞初的中を若き乙女たちとその上に跨るオッサンらに託すことにしよう。