にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 シルクロードステークス・根岸ステークス 予想

東京開催スタートの土曜日は天候に恵まれ、本来であれば浮世の苦しみから我が身を少しでも解放させるため、府中の地へと足を向けたいところなのだが、目下それは叶わない状況。
折角の好天なのにぼろアパートの狭い部屋にてせんべい布団の上に横たわり、せめて夢の中で緑のターフを駆け巡ろうとするも、隣室のエアコン室外機の振動により眠れやしない。

こうなったらせめて馬券ぐらいは当てないとやっとれん。

◆シルクロードステークス

◎⑬シヴァージ
◯⑭トゥラヴェスーラ
▲⑫ラウダシオン
△④セイウンコウセイ

コース替わりはあったものの、中京の芝は外差しが効き、かなり強い馬でなければ行った行ったにはなりにくい状態。
勝ち負けするには速い上がりを使うことが必須となれば、ここはシンプルにGⅠ含めた過去7戦すべて上がり最速のシヴァージを本命に。前哨戦でも快速で逃げるモズスーパーフレアの存在もプラスに働きそう。

そのモズは今回厳しいと見ており、相手には同じように後ろから飛んでくる馬を見繕いたかったのだが、どうも本命以外の同型馬は枠や鞍上を考えると積極的に狙いづらい。
それならば前走同舞台で勝利しているトゥラヴェスーラの方が妙味も含めて良さげなんじゃないかと。上がり時計の数字はそこそこだが、一度詰まりかけて前が開くや弾けるように飛び出した脚は目を瞠るものがあった。
鞍上の岩田が今月中京芝の重賞で、ケイデンスコール、ウラヌスチャームと、人気薄を持ってきているノリノリなヤーツであることも忘れてはいけない。

あと絡めるとしたら、左まわり超強い説があるラウダシオンと、個人的にまだ終わってない説を疑っている高松宮記念馬・セイウンコウセイあたり。得意舞台で何度目かの復活劇は十分にあり得るのでは。

 



◆根岸ステークス

◎①ワンダーリーデル
☆⑮デザートストーム

今回、OPクラス以上で走るごとに強かったり弱かったりといった馬が多く、調子とリズムと時の運次第で全然違う結果になりそう。つまりはどの馬も切りにくい。
となると逆に絞りに絞って1頭か2頭をチョイスするのが定跡。

ここは有力馬・そこそこ有力馬たちが前でやり合って追い込み馬に流れが向くんじゃなかろうかと読み、前走に続きワンダーリーデルを本命に。今度こそ頼むぞオイ。
ニワカの自分としては重賞勝ってるところを一度しか見たことのない田中勝春騎手への乗り替わりや、アダになりそうな最内枠が気掛かりではあるが、腹を括った騎乗をしてくれることを期待したい。

基本は本命の単複にしようかなと思っているが、同型のデザートストームなんかも絡めて高配当狙ってみたりもしようかなと。



まあ予期はしていたが、キンキュージタイセンゲンとやらは今しばらく延長となる見込みとのことで、今開催で行われる数々の注目レースを現地で観ることは叶わない。
やるせなくて悶絶モノではあるが、まあ競馬においてもその他の営為においてもやれる範囲でやれることをやっていくしかない。

まずは明日、馬券的中の喜びを……