にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 クイーンカップ 予想

長さはおう花しょう、ば所はおーくす、これなーんだ?

というわけで、牝馬クラシックの本番はじめ、後にビッグレースで活躍する馬が毎年のように出てくる重要レースのクイーンカップ。
今年も後に女王と呼ばれる高みまで上り詰めてもおかしくなさそうな素質を垣間見せている姫方が揃い、非常に楽しみ。

◆クイーンカップ

◎⑦ステラリア
◯⑮レッジャードロ
▲②ククナ
☆⑧カイトゲニー

ククナ、リフレイム、アカイトリノムスメと真ん中より内枠に有力な追い込み馬がおり、人気を集めているようだが、みんながみんなスムーズに外に持ち出して、その末脚を炸裂させて前方にいる有力馬を交わしさることができるとはちょっと思えない。何なら3頭とも不発もあるかもと踏んでいる。

 


本命はそれらよりは前の位置から速い上がりを使えるステラリア。
前々走素質開花して圧巻の力を見せ、前走も内に切り込む時のほんの少しのロスがなければ勝っていてもおかしくなかった。逃げ先行馬を適度に可愛がり、後方からは追いつかないタイミングでの仕掛けができればまず3着以内に残れる公算は高いかと。もちろん簡単な仕事ではないことは重々承知だが。

前述の追い込み3頭は、いずれも届かなかったり不発だったりで敗れた経験があり、その意味では前走段違いの末脚で鮮烈な新馬勝ちを飾っての参戦となるレッジャードロには未知の魅力を感じてしまう。
相手関係に恵まれた可能性も否めないが、それにつけても二番手より1.4速い上がり時計というのは瞠目に値する。メッキが剥がれることもあるかもしれないが、底の見えなさ、そして外枠で却って悠々と走れるのではと相手筆頭に置いてみたい。
新たに女性騎手が誕生するニュースが報じられた週に、5年にわたり一人戦い続けた先達が待望の芝の重賞勝利を飾るなんて、いかにもありそうな気がしてならない。

あとは、やはりククナは馬場が合わないとされた前走もそれなりのものは見せており、格の上からも外せないだろうか。同じ追い込み馬でもリフレイムほど癖はなく、アカイトリノムスメほどは出遅れないことも忘れてはならない。

あとは穴は後ろより前からの格言に従いたい。ここは同型のエイシンヒテンよりはカイトゲニーをチョイス。
前走1400とか展開が向いたとかでケチもつけられるが、決して弱くない相手に、かろうじてといった感じではなく鮮やかな逃げ切りを決めたのは印象深い。全然人気しなさそうとあれば抑えてみたい。


うん。どうやら若きクイーンから、一日早いバレンタインの贈り物をいただくことができそうだ。