にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 京都牝馬ステークス・ダイヤモンドステークス 予想

今年最初のGⅠ開催のみならず、それを含めて合計4つもの重賞が行われるとあり、非常に忙しいこの週末。
いつかは4つとも的中させ、ひと足早い春到来といきたいもの。もちろん今年実現しないとは限らない。

まずは土曜日、牝馬たちの距離短めの一戦と、混合の距離とても長めの一戦。

◆京都牝馬ステークス

◎⑨ビッククインバイオ
◯④イベリス

正直なところ重賞としてはかなり微妙なメンバー。前走馬券になったのは上がり馬のリリーバレロのみで、前2走まで広げてももう1頭増えるのみ。

そうなると応援も込めて推したいのは我が永遠の愛馬であるレインボーラインの姪っ子・ビッククインバイオ。
何しろ凡戦知らずで、とりわけ1400は4戦3勝で敗れた一戦も初の重馬場。勝ち鞍が全て東京であることから府中専もしくはサウスポーと思われるかもしれないが、右回りでも十分わたりあえている。初の関西輸送さえ問題なければこのメンバーなら期待できる。

相手は近走復調の兆しが見えるイベリス。
前走スーパーGⅡの阪神Cではテン良くハナを取りかなりの位置まで粘っていた。あの時彼女を捕まえたのは殆どGⅠ馬かGⅠでも勝ち負け経験のある錚々たるメンバー。今回の顔ぶれなら逃げ切り粘り切りを図れるのでは。

あとは何が来るやら来ないやら。
2頭に絞って馬連・ワイドでいこうかなと考えているところ。

 



◆ダイヤモンドステークス

◎⑮パフォーマプロミス
◯⑬ポンデザール
▲①ナムラドノヴァン
△⑭タイセイトレイル
☆⑧ジャコマル

本命はパフォーマプロミス。長距離の最高峰である天皇賞春3着の実績はこのメンバーの中では一際光っている。
その後長休明けの鳴尾記念を制し、京都大賞典でも好メンバー相手にそこそこの好走、走力は決して衰えていないところを見せてきている。(前走のJCはさすがに相手が悪すぎた)
9歳馬のハンデ頭ではあるが、このメンバーではスピード・持久力ともまだ上位なのでは。

相手は前走のステイヤーズSで決して北海道専でないことを証明したポンデザール。
牝馬優勢が顕著な昨今、ついに長距離戦も制してしまうのではと期待を抱かせるだけのものは見せてきている。4戦連続ルメールが騎乗しているあたり陣営も大いに期待する一頭なのでは。

重賞では久々な気がするデムルメ馬券で決まってくれればと思いつつ、他に抑えるなら距離を伸ばして覚醒の感ありのナムラドノヴァンの追い込みか、逆にジャコマルの逃げが決まるか、近走安定している力上位のタイセイトレイルかといったところ。


こうして予想を組み立て、こう買ったらどんだけ付くのかなどと皮算用。
この時間が一番幸せだったり。