にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 弥生賞ディープインパクト記念 予想

こんな人気ないってことは俺の目が節穴なのか?とよぎる考えを振り払い、複勝がっつり買った14番人気の本命馬がアタマ差届かず4着。
もう何もかも放り出してアダルトな動画でも眺めながらピノでも食ってフテ寝したいところなのだが、そうはいかないのが土曜の夜。

牡牝ともに暮れのチャンピオン決定戦、そして春のクラシック初戦と同じ舞台のトライアルが行われる結構大事なこの週。
牝馬の方は色んな意味で面白いレースになったが、牡馬の方はどうか。

◆弥生賞ディープインパクト記念

◎④タイトルホルダー
◯②ダノンザキッド
△⑦タイムトゥヘヴン
△⑩シュネルマイスター
☆⑤ホウオウサンデー

 


これを書いてる時点での単勝1.3倍というオッズが相応しいかはともかく、まあ普通に考えたら2歳チャンピオンが実績・実力ともに抜けており、勝負服・厩舎・騎手を考えると前哨戦だからと手を抜くことは考えにくく、まず勝ち負けは間違いない筈。しかし人気しすぎ。ガラスのエースしすぎ君である。

もし王者をまともに上回る可能性があるとしたら、マイルでおそろしく強い勝ち方をして距離延長してきたシュネルマイスターがやはり筆頭なのだろうが、未知の魅力というのは未知の不安でもあり、この馬とダノンザキッドとの馬連でヘタしたら2倍台になりそうとなると、これまた甚だしく妙味に欠ける。

ここは馬券の中心に据えるのは、過去2度ダノンザキッドの後塵を拝してはいるものの、健闘はしてきているタイトルホルダーをチョイス。
先行して粘り強い脚質は今の中山に合っているし、速い馬場でもタフな馬場でも一定のパフォーマンスを見せてきてるというのも良い。担保と妙味を考えたら、シュネルよりこっちの方ではなかろうかと。

ダノンを切れない以上2頭軸前提になってしまうが買い目を広げるとしたらヒモとして前述のシュネルマイスターに、やはり先行型で平場完勝・重賞2着のあるタイムトゥヘヴン、そして新馬戦をひどく遅い時計で勝った穴馬ホウオウサンデーにまだ奥があるんじゃないかと期待を込めて選びたい。


どうでも良いが、このレース名になって2年目だけど今年はディープ産駒1頭も出てきてないのね。
なんだか御加護がありそうな気がするんで、ランドオブリバティなりシュヴァリエローズなり出してみりゃいいのにとテキトーなことを思ったり。