にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 阪神大賞典・スプリングステークス 予想

土曜にJRAさんにボコられたとて「イケゾエもうちょっと粘れやタコ」とか「ユタカなんなんだよありゃ。タッケじゃなくてヨシダ、テメーだよテメー」とか「馬単1点で当たってたのに3連単1点とかご乱心した己の首を絞めてやりたい」とか呪詛したところで詮無きこと。
顔を上げ、胸を張り、いざ日曜の勝負へと。

◆阪神大賞典

◎⑤ナムラドノヴァン
◯⑨アリストテレス
☆②タイセイトレイル

1強1中他弱といった様相を呈しており、まあ1強のアリストテレスは逆らう要素がない。
あわや三冠阻止の激走を見せた菊はもちろん、タフな馬場でのAJCCで着差こそさほどないもののしっかり勝ちきったのは評価せざるを得ない。

とはいえ、この人気では単勝にドンとか頭固定はしづらい。

力と人気の不均衡という点で、最も買いである馬としてナムラドノヴァンをチョイス。
斤量増、右回りに良績なし、道悪で良績なく陣営からもその旨言及ありと、マイナス要素てんこ盛りだが、だからこそ買いなのではないかと。
初めて3000mの距離を使った万葉Sでの快勝ぶり、そしてダイヤモンドSでも展開向かない中後方から伸びて4着と、確かなステイヤー資質が感じられる。
前述の不安要素も、元々左回りだろうと良馬場だろうと負けるときはサッパリな負け方をしてきた馬なわけで、ここは気にしすぎず資質に賭けてみたい。

アリストテレスとのワイドを買うぐらいならまあ複勝勝負が妥当か。
他に買うとしたら、やはり長距離で安定して好走しているものの何か一つ足りない印象のタイセイトレイル。過去7年で4度このレースを制している鞍上岩田康誠がその一つを上乗せしてくれるかもしれない。

なお1中にあたるユーキャンスマイルは飛ぶ恐れが結構あると見ている。
使ったのが最高峰のレースとはいえここ2戦負けすぎており、もう昨年春頃の彼ではないのかもしれないと……

 



◆スプリングステークス

◎⑪イルーシヴパンサー
◯⑤レインフロムヘヴン
▲⑩ボーデン
△⑨ロードトゥフェイム

第一感で目についたのはレインフロムヘヴン。東スポ杯こそ無理やりハナに立って逃げたことでリズムが狂ったか大敗したが、他は常に好走。前走スローで展開優位だったとはいえ最後まで脚色良く逃げ切り。何頭かいる同型との兼ね合いによるが、先行勢の中では最も有力かなと。

ただ、トライアルの大一番ということで悪い馬場にも関わらず前がやり合ってしまう可能性は高い。
そうなると、そのちょい後ろに控えて、先行勢がバテたと見るや抜け出しを図る者に勝機は舞い下りるのでは。
それをやりそうな人馬が横山典onイルーシヴパンサー。前走は直線ウチの狭いところで窮屈な競馬になるも、レインフロムヘヴンに食い下がり差のない2着。またその際が休み明け+24㎏だったことから、ここは一叩き後の上積みが期待できるんじゃないかなと。

あとはクラシックへの正面突破を果たす最後の怪物候補かもしれないボーデンと、道悪の申し子として覚醒しているかもしれないロードトゥフェイムあたりが有力。


抽選結果次第だが、4月にはまた仁川の地で大舞台を現地観戦したいと目論んでいる。
それまでにゴートゥ再開されることもなかろうし、路銀は己で稼がねば。