にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 毎日杯 感想戦(2021クラシックへの道)

阪神1800という、皐月賞にもダービーにも繋がりそうな設定で行われ、年によって当たり外れは否めないが、キズナやらアルアインやらキセキやらブラストワンピースやらと、近年もしばしばクラシックやグランプリの覇者を輩出している重賞である。

今年もいかにも期待できそうな駿馬が出てきているわけで。

◆毎日杯

◎⑥シャフリヤール
◯⑦グレートマジシャン
▲⑨ロジローズ
☆⑧ウエストンバート

【買い目】
馬単 ⑥→⑦⑧⑨
3連複 ⑧ー⑥⑦⑨

ここは裏目きたらしゃあないと馬単で。裏目の上に人気薄の☆まで3着内に来てたら悶絶しちゃうんでその3連複だけ薄っすら抑える。

 


【着順】
⑥シャフリヤール 川田 ◎
⑦グレートマジシャン ルメール ◯
①プログノーシス 藤岡佑
④ルペルカーリア 福永
③レベッツァ 池添

予想に反してかなり速いペースとなり、JRAレコードタイとかいう驚愕の時計が飛び出る。いかに速い馬場に変貌していたとはいえ、これはびっくりぽん(やや古)である。

コーナーでぎゅっと固まった馬群の中程から、シャフリヤールが内をついて抜け出し、外からは更に良い手応えでグレートマジシャン。
ああコイツはやられたか、いかに安いとはいえ無難に馬連にしとくべきだったかと思ったが、並ばれても抜かせぬド根性を見せたシャフリヤールがクビ差で勝利。
時計もさることながら、新馬戦といいマッチレースを制する勝負強さは兄譲りだろうか。兄が制した皐月に向かうかダービー直行かはわからないが、大きな舞台でも楽しみである。

敗れたグレートマジシャンも府中での巻き返しは十分狙えそうだが、こちらはダービー出走を確実にするために青葉賞かプリンシパルSを使うか、ダメ元で今持っている(年によってはボーダーを下回る)賞金で天啓を待つか。是非見たい1頭ではあるのだが。


というわけで馬単ゲット。
f:id:bakenbaka:20210329223948j:plain
結果的に☆からの3連複は余計だったが、まあこの固い決着でこの払戻しなら良しということにしよう。


にしても馬場の補正はあるにしても、ここにきて思わずじぇじぇじぇと言ってしまいそうな(激古)、ハイレベルなレースを目の当たりにし、クラシックへの期待は天井知らずに高まってゆく。
気がついたら春が終わってしまってましたとならぬよう、こちらも濃密に楽しもう。