にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 大阪杯 予想

この一戦だけは好天のもと良馬場でやってほしかったと切に願っていたのだが、願いもむなしく日曜は雨予報。
ふざけんなよ晴れろよと天に向かって文句を言っても、いやこの大勝負は雨雲をも吹き飛ばすかもと奇跡を願ったところでしょうがない。

馬場が渋るであろう現実を見据えた上で、かといって振り回されすぎず、予想を構築せねばならぬ。

◆大阪杯

◎⑦コントレイル
◯②サリオス
▲⑨クレッシェンドラヴ
△⑤ペルシアンナイト
△⑧レイパパレ
△⑫グランアレグリア

 


2400でアーモンドアイに完敗したコントレイルと1600でアーモンドアイに完勝したグランアレグリアが2000で対決したらどちらが強いか、考えても堂々巡りで、結局のところ走らせてみなきゃわからんという結論なのだが、それは先週土曜とかのような速い馬場での話。
雨に降られて重馬場になったり、或いは例年の宝塚記念の時期のように晴れててもタフな馬場になったりするのならば、ただでさえ距離延長に不安のあるグランアレグリアがいつものキレ味を発揮できない可能性は高まってしまう。そう、かのGⅠ9勝馬の有馬記念のように。

本命はコントレイル。明確な重馬場は経験がないが、皐月賞・菊花賞とタフなレースを勝ちきり、疲れも抜けてなかったであろうJCでも負けてなお強しと思わせる2着。
元よりグランがその力を発揮した場合以外は明確に力上位であり、馬場により削がれる力もライバルたちより軽微で済むんじゃなかろうかと予測するのであればこの馬を選ばぬ道理はない。
それに、やっぱ三冠馬には強くあってほしいという願望も少々。

相手筆頭はサリオス。マイルCSは枠とスタートでほぼ終戦だったが、それでも5着までもってきたことはむしろ評価すべき。
今回は好枠を生かし、テン乗り松山騎手が皐月賞の際のような好位につける騎乗ができれば同等の結果をまた残せるのではないだろうか。
道悪についてはどうかわからないが、やはり皐月賞である程度タフな競馬で結果を出しているのと、姉の名前から克服してくれるのではと思っている。

クレッシェンドラヴ▲はトチ狂っているわけではない。むしろ◯にしようか迷ったぐらいである。
GⅠでは話にならず、重賞は福島しか勝っていない、関西輸送も初めてと、何重苦もあるのは確かだが、明確な買い要素もある。
重馬場では2戦2勝、そして2000mは2歳時と何故か出脚が全然つかなかった中山金杯以外は全て連対している。また、ブラヴァスを物差しにした場合、昨夏1馬身差で下したこの馬が単勝万馬券で、冬に1.5馬身差で下したが今回その時より斤量+2㎏のレイパパレが4番人気となれば、チョイスすべきはどちらかは自明であろう。
ついこないだも述べたが、雨はステゴ産駒という格言を思い知らされてもおかしくはない。

あとは前走渾身の本命もダメだったペルシアンナイトに今一度望みをかけて薄っすら抑えようかと。理由は金鯱賞の予想記事を探して読んでちょ。プラス何やかや叩き2戦目・右回りの方が良いのも確かということで。


問題は買い方。本命コントレイルの上、これだけ印付けてしまうとかなり工夫する必要がある。もしくはいっそあの馬を切ってしまうか。

まあ今しばらく頭を捻ることにしよう。