にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 ダービー卿チャレンジトロフィー 感想戦

ちょっと前まではモーリスやらロゴタイプやらがここをステップに安田記念を勝っており、重要な前哨戦だったこのレース。
ここ数年はいわゆるザ・GⅢといった感じであまり本番には繋がらないし、そもそもトップマイラーは出てこない印象。

ただ、重賞初挑戦の上がり馬が強い勝ち方をしてくれたとなると、大舞台でも期待できるんじゃないかなとか思っちゃったり。

◆ダービー卿チャレンジトロフィー

◎⑨テルツェット
◯②ボンセルヴィーソ
▲⑬トーラスジェミニ

【買い目】
馬連・3連複 ②⑨⑬
ワイド ②ー⑨

 


【着順】
⑨テルツェット ◎
⑪カテドラル
②ボンセルヴィーソ ◯
⑩マイスタイル
⑭アトミックフォース

忘れた頃のマイスタイル。
なんて言葉があるかは知らぬが、何頭もいた逃げ・先行馬の中でハナをとったのはレイデオロ世代のダービー4着馬マイスタイル。忘れるのも無理はない、一年前の同レースで二桁着順に沈んで以来の出走だという。

読みどおりハイペースとなり前が苦しくなるも、単勝万馬券のマイスタイルはなかなか垂れていかず、番手につけた1番人気スマイルカナの方がいっぱいになってきてしまう。
それは意外だったが馬券的には好都合。先行馬を見る好位にいたボンセルヴィーソは早々と鞍上が手綱を動かしていてあかんのかと思いきや、じわじわと伸びてきてくれる。

そして中団後方よりから外をまわしてグイグイ伸びてくるのは本命のテルツェット。
お、これは◎◯の本線で馬連+ワイドとったか?と興奮しかけるも、カテドラルが更に後ろから突っ込んできやがった。
若い頃は右回りでも好走歴があることにはもちろん気付いていたが、京成杯以来の中山である程度人気しているとなると買えなかった。後にして思えば2019マイルCSのパフォーマンスを見ればここは狙い目だったなぁと。

勝ち馬は次走VMに行ければ展開次第ではかなりチャンスがありそう。まあレシステンシア打倒は容易ではないし、本領発揮バージョンのグランアレグリアまでいたらさすがに厳しいとは思うが(何となくだがそっちはVMスルーでまた安田にいきそうな気がする)。
つーかレイパパレ然り、クラシック不参加組の牝馬まで強いとなると、もう牡馬はGⅠはおろか隙間の重賞しか取れなくなってしまうんじゃなかろうか……

ちなみにマイスタイルは健闘の4着。
この馬がアッと驚く走りを見せてくれるときは大体4着なのよね。。。


というわけで狙った馬がある程度狙いどおりの走りをしてくれたが的中はワイドのみ。
f:id:bakenbaka:20210406234325j:plain

なおこの前日夜にかの有吉弘行さんと夏目三久さんとの結婚が発表され、ビジホの一室でビックリポンだったのだが、どうやらそれがサインというか警告だった模様。

つまり、田辺の邪魔に気をつけろ!と。