にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 桜花賞 予想

ついにクラシック開幕。
この時が来たんだなぁと感慨はあれど、馬券勝負に挑むことが宿命づけられている身としてはそれに浸ってもいられない。

牝馬一冠目は、年末から直行の2歳女王の座をハナ差で争った2頭、年始早々に賞金積んで十分に鋭気を養ってきた者、トライアル組と絢爛豪華なメンバーが一同に会し、今時点で一体誰が強いのか事前に解き明かすのはなかなか難しい。
ただこれはチャンスでもある。上位人気馬と中穴どころに力の差はそんなに無いと見ており、終わってみればあの馬をこんなオッズで買えたなんてとなる可能性が結構あるんじゃないかなあと。

◆桜花賞

◎②ファインルージュ
◯⑯ソングライン
▲⑩アールドヴィーヴル
△④ソダシ

阪神JFにも桜花賞トライアルにも出ておらず、有力どころと初顔合わせとなる2頭を本命対抗にチョイス。

 


◎②ファインルージュ
新潟で1200を走った新馬戦こそクビ差で2着だったが、秋の府中、そして年明け中山でのフェアリーSを楽勝と言って良いほどの快勝しての参戦。
フェアリー2着のホウオウイクセルがフラワーCを勝っており、これは途方もなく強い可能性もあるんじゃないかと。陣営コメントによるとズブいところがあり、力のいる馬場の方が良いとのことだが、いざ高速馬場を走らせてみたら3勝のうち2つが千直という母親譲りの快速を見せてくれるんじゃないかと期待。
天栄仕上げで、鞍上には福永祐一を確保して美浦まで来て追い切りに騎乗。ノーザン的にはこっちの馬にも小さくない期待を賭けているのではないだろうか。


◯⑯ソングライン
こちらも新馬戦こそ不覚をとったが、3馬身差の圧勝を2つ重ねて早々に賞金確保して天栄にて放牧という名のトレーニングを重ねての参戦。相手は大幅強化されるが、ここでもぶっちぎる可能性も秘めた存在なんじゃないかと。
鞍上は大舞台での仕事人・池添謙一。穴の大きさは先週ほどではないが、仕事としてはそれ以上をやってのけてくれてもおかしくはない。


▲⑩アールドヴィーヴル
例年大物を輩出しているクイーンC組からは勝ち馬でなく休み明けの輸送で体重減らしてたにも関わらず内容的には負けていなかったこちらの方で。
松山騎手の騎乗停止は痛いが、代打はここのところ復調気味で先週は久々に中央の重賞を勝ったミルコ・デムーロ。強い馬に乗り、本人も乗っている時のこの男ほど怖い者はいない。
調教後馬体重で更に減らしているのは気になるところだが……


△④ソダシ
女王への敬意は欠いてはならないということもあるが、2歳時に彼女に及ばなかった者たちがトライアルで勝ったり好成績を収めているという事実から、やはり抑えないわけにはいかない。この舞台への適性も勝負根性も実証済。
また、高速馬場の阪神でおそらく先行するかある程度好位につけられることも大きい。例年と異なり今週からコース替わりで内枠もアドバンテージとなる。なので、その条件がそっくりそのまま反転するサトノレイナスは今回は軽視。強いかもしれんけど。


ひとつ気に食わないのが、週中でいくつかのサイトで見た想定オッズより◎◯がだいぶ人気してしまっていること。
ンダヨ大穴で大儲けかと思ったのにーとかボヤきたくもなるが、まあここは世間の連中もそう節穴じゃないってことか……と上から目線で嘯いて納得することにしよう。

とか言って、普通に人気どころで決まりましたなんてことも全然あり得るとは思うのだが。