にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 皐月賞 予想

一つの時代の終焉を感じた土曜競馬。長きにわたり君臨し続けた障害の王者に拍手とともに、うつむくなよ振り向くなよと歌を贈りたいがあいにく当方ドがつく音痴。それは控えておこう。

さて、余韻に浸る間もなくこちらは新たなる時代の幕開けを告げるクラシック初戦。
昨今はここをダービーへの叩きと見なしていたり、何だったらスルーして府中直行の陣営もあるものの、やはり皐月賞というレース名には背筋をしゃきっとさせるものがある。
自分としてもこの世代は新馬戦からずっと見てきており、ここが一つの集大成。是非とも良い結果を得たい。

◆皐月賞

◎⑧ダノンザキッド
◯③ステラヴェローチェ
▲⑦エフフォーリア
△①アドマイヤハダル
△⑬タイトルホルダー

悩みに悩み、断腸の思いで無印とした馬も少なくないが、こんな感じで整った。

 


◎⑧ダノンザキッド
その実積・地力の高さは言うまでもなく、速い馬場にもタフな馬場にも適応できることも実証済。弥生賞は何度見てもザ・叩きというか、あまり積極的に出してはいかないレースでどれだけやれるか測っていたようにしか見えない。んで、しまいの感じを見るに本番へ向けては心配御無用。
◯▲をライバルと見たわけだが、中山での実績という優位性からこちらを本命に。枠もちょうど良い。ここは再び鞍上の男泣きを見れるのでは。


◯③ステラヴェローチェ
渾身の穴馬のつもりだったが、おそらく天候のせいだろうが、思ったより人気してるのが完全に誤算。まあ確かに土曜深夜か日曜未明まで大雨で渋馬場必至となると、不良馬場のサウジRCであれだけの走りを見せたこのバゴ産駒は買いたくなるところ。
自分としてはむしろレッドベルオーブと似たような位置からインをぶち抜き勝馬に肉薄した朝日杯や、斤量+1のうえに展開負けだったにも関わらずヴィクティファルスやシャフリヤールと差のない競馬をした共同通信杯を高く評価している次第。
乗り替わりもあってかなり人気落とすかと思っていたが、世の馬券師たちは前走時から吉田隼人がこの馬の調教をつけていることをちゃんと知っているのだろう。


▲⑦エフフォーリア
共同通信杯にて、後にスプリングSや毎日杯を勝つ馬に2.5馬身差の完勝をおさめての参戦。その強さは圧巻としか言いようがなく、正直抜けた1番人気になると思っていたが前日時点ではダノンと拮抗。
良馬場でのスローしか経験がなく、中山はもちろん直線急坂コースも初と、それなりに不安な点もあることから▲に留めたが、そんな小賢しい考えを吹き飛ばしてしまう強者である可能性もある。
ひょっとしたらこの馬を単勝3倍以上で買えるなんて、ものすごいチャンスなのでは……? とか揺れてしまう自分もいたり。


△①アドマイヤハダル
先行力も決め手もあり、トップジョッキーを迎えることができた上に馬場の回復状態次第では最内が大きなアドバンテージになる可能性も。


△⑬タイトルホルダー
弥生賞逃げきり勝ちをどスローによるフロック視しては痛い目に遭うかも。
今回はそこまではペースが緩まないだろうし、有力馬がそんな後ろからにはならないと思われるので、粘り切るのはそう容易ではないとは思うが抑えておくべき一頭。
戸崎にも横山武にも乗ってもらえず、ペース読みができない鞍上を迎えてしまったが、それが良い方に出ることもあるジョッキーでもあるので……


とりあえずこんな感じだが、果たしてファイナルアンサーで良いのだろうかという思いもある。
ステラヴェローチェに◯付けるならヴィクティファルスも抑えなきゃいけないかなぁとか、常に安定して好走しており重賞ウイナーにもなったラーゴムも怖いし、それ言ったらヨーホーレイクの末脚も怖いし、ピンク枠も両方人馬とも侮れないし、あいつがイタズラするかもしれないし……


まあ続きは現地で馬場の様子やら見ながら考えることにしよう。