にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 福島牝馬ステークス 予想

GⅠひと休みの週ということで、当方も今週はあまり肩肘張らずにサッと出馬表見て、パッと決めて、土日は映画を観たり書に親しんだりしつつメインレースは視聴ぐらいのゆるい感じで臨もうかと。
馬券師たるもの競馬がある以上いつでも全力モードでいかんかいという考え方もあろうが、最大の勝負で最大の力が発揮できるよう適度にゆるめることもまた勝負師の鉄則。

案外、そんなときほどバシバシ当たったりしちゃったりするのもよくある話。
ゆるませつつも煩悩はギンギン。

◆福島牝馬ステークス

◎④ロザムール
◯⑤クラヴァシュドール
注⑯パラスアテナ

 


準OP勝ちの後、中山金杯4着、中山牝馬Sは差のない2着と、今回よりも厳しい相手に善戦してきているロザムールを本命に。
同型の出方によっては気分良く逃げられなさそうなこと、斤量が前走前々走よりは2㎏増など不安な要素もあるが、シンプルに力をつけてきたんじゃなかろうかと。

相手はここらで復活を遂げて強い4歳牝馬の一角となる予感のするクラヴァシュドールと、もし外差しが効く馬場状態になっていれば大外から開き直って直線一気に期待できそうなパラスアテナ。


こんなところで。
今週はなにげに月曜までの3連休なので、またやってくるGⅠ連続開催へ向けて、ゆるませすぎぬよう気をつけつつ、のんびり過ごそうかと。



……正直、本来ならまるで必要のない圧政に踏み切った者、踏み切るようへと焚きつけた輩に腹わたが煮えくりかえってて、気分はまったく穏やかじゃないんだが。
まあ、それでくさってても得なことはひとつもないんでね。