にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 NHKマイルカップ 予想

府中での5週連続GⅠ開催。本来であれば毎週足を運ぶ筈であるし、今年もついこないだまでは全週抽選応募し、2、3回ぐらいは行けたら良いなぁと思っていた。

しかし無情にも初戦は無観客と発表され、そしてそれ以降も無観客継続となること濃厚。
愚痴や行政への批判、もっと有害な勢力を呪詛する文句のひとつも垂れたいところであるが、ンなことして目の前にある競馬の喜びをこれ以上目減りさせることもないだろう。

しっかり検討し、夢を馬券に託し、テレビジョンで観戦する。
物足りなさは否めないが、まあそれはそれで楽しめるし、おカネだって増えるかもしれんし。

◆NHKマイルカップ

◎③ルークズネスト
◯⑧グレナディアガーズ
▲⑮シュネルマイスター
△⑫ランドオブリバティ
☆②アナザーリリック

 


まだレース直前までオッズはかなり変動しそうであるが、前日19時時点で1番人気はバスラットレオン、2番人気はグレナディアガーズとなっている。(おそらく最終オッズは逆転すると思うが)
となると買うべき馬は自明。バスラットレオンにシンザン記念で先着し、ファルコンSで根性の差し返しでグレナディアガーズに競り勝っているのにそこまで人気してない馬はだーれだ?てなところである。そう、ヤツの名はルークズネスト。
ゲートが良くないのが不安点ではあるが、今回は前走と異なり先行争いは激しくなると思われ、却って出が良すぎる方が危ないかもしれない。デビューからずっとコンビを組んでいる幸騎手が好枠を活かしてうまくリカバリして好位におさまってくれることを期待。そういう競馬もできるタイプなのも実証済。
新種牡馬の目玉だったモーリスであるが、どうやら初年度産駒の春クラシックは芳しくない結果で終わりそう。関係者らのここに賭ける思いは大きいのでは。

相手は2歳王者のグレナディアガーズ。
前走ルークズネストに競り負けたものの、ひと叩きであったことと、その走りっぷりから評価を下げるには及ばない。内過ぎず外過ぎずの枠も良い。
前哨戦で敗れはしたものの強さを見せた川田騎乗の2歳王者というのが、ついこないだの皐月賞を彷彿させイヤな予感もしなくはないが……まあオカルトで買うタチではないので。

権利を得た皐月賞スルーでマイルに絞ってきたシュネルマイスターは、ひいらぎ賞で完勝した時に現地で見ていたのだが、うわコイツは強えーと唖然としたことをハッキリ覚えている。そしてトップクラスでも通じる地力があることを弥生賞で証明。
初の左まわりがあんま合わないとか、某ナーリアのように府中が好きでないとかあるかもしれないが、それを見越して買い目から外すのは願望でしかない。

馬券的に期待をしたいのはランドオブリバティ。
例の逸走以来振るわない印象だが、きさらぎ賞はスタート直後にクロスボンバー喰らった上に慎重さ第一に乗っての3着、重馬場のスプリングSでは大過なくレースを進めて上位争いするかに思われたが残り1ハロンのところで力尽きたように失速。
距離短縮、更にはワンターンになることが良い方に出る望みは結構持てそうで、久々に本領発揮できれば十分勝負になるのでは。

アナザーリリックは前走アネモネSで後方から早仕掛けしての力強い伸びっぷりを見て、コイツは本番の桜花賞でも注目だなと思っていたのだが、回避してこちらへ参戦。
速い持ち時計がないことや、枠が内側すぎるのが仇になりそうなことなど厳しい要素もあるが、後方から飛んでくるとしたらこの馬かなと。

バスラットレオンについては今回強い同型がいる上に、少し後ろの位置からマークしてくるであろう相手も強力。
トップクラスの相手に勝ったことのないこの馬が乗り切れるかどうか。今回は来ない方に賭けたい。まあ買う段になって、ビビってちょっと抑えてしまうかもしれないが……


こんなところで。それでは良い日曜日を。