にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 京王杯スプリングカップ 予想

北村友一やらデアリングタクトやら、今年の顔になってくれても良いような存在が長期にわたり出てこれないといった、バッドなニュースに嘆きつつ、また週末がやってきた。
こうなったら自らの手でグッドニュースを掴み取るしかない。たとえば買ったレース全的中とか、払戻し額の記録更新とか。機会は既に目の前に来ている。

まず土曜日は府中にて京王杯SC
おおむね1200〜1600を主戦場に好走したりしなかったりの顔ぶれで、今回は何が勝つやら負けるやら。冠になっている鉄道路線が準特急やら快速やら区間急行やら素人にはムズいのと同様、このレースも読み解くのはかなり難解。

◆京王杯スプリングカップ

◎②ビッククインバイオ
☆⑯シーズンズギフト

 


当方ご贔屓を懲りずに指名といった感もあるが、ここで買わなきゃどこで買うといった適鞍なのでしょうがない。
過去に左まわりは8戦して馬券にならなかったのは、大外枠と重馬場に泣いた時のみの典型的なサウスポー。好枠を活かした先行逃げ切りに期待。同型は多いが、これまで結構厳しいペースでもしぶとく残ったりしており、GⅡといえど多くはOP特別ぐらいのメンバー相手なら真価さえ発揮できれば十分いけるかと。
まあ近走は『実は右まわりでもやれる。むしろ人気しないので狙い目』と見込んで負け続けてきており、今回はやっぱサウスポーだと見込んで買うのも何だかなという気もしなくはないが。

相手選びは難しい。1番人気のGⅠ馬ラウダシオンからして、前走GⅠとはいえ大敗しての臨戦と、鉄板級とは言い切れない。かといって他の人気どころも自信持って買いたいものはいない。
本命の単複でも良いのだが、大荒れ高配当を狙うならシーズンズギフトなんか面白い存在。よく見ると大敗したのはノリさんご乱心のハイペース逃げからのラストはキャンターしてた富士Sと、不良馬場だった前走のみで、あとは全てそれなりに好走している。
1400への距離短縮が良い方に出れば、よもやもあり得るのでは。


金曜夜の時点で、この2頭の組合せはワイドでも万馬券。
競馬関連以外でも報道(もどき)なんぞ眺めてると気が滅入ってばかりの昨今、土曜の夕方には良いニュースが舞い降りそうだと、皮算用ぐらいさせてもらってもバチは当たるまい。