にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 ヴィクトリアマイル 予想

土曜日買ったのはメイン2つと障害重賞のみだったが、ビッククインバイオの複勝に結構いい金額入れていたもんで痛恨の負け。
非常につらたんなところではあるが、ここで倒れるわけにはいかない。日曜日にはまた激しい戦いが待っている。

スタンダットゥザ・ヴィクトリー♪
などと口ずさみながら相対する、春の女王決定戦。

◆ヴィクトリアマイル

◎⑥グランアレグリア
◯⑨テルツェット
▲①マジックキャッスル
△⑱レシステンシア
×⑤デゼル
×⑫サウンドキアラ

 


さすがにグランアレグリアには逆らい難い。
いや、強いて言えば前走大消耗戦になった大阪杯の見えないダメージが残ってるかもしれないとか、2000を走ったことで行き脚が悪くなってるかもしれないとかあるのだが、それを見越して嫌うのは無謀としか思えない圧倒的パフォーマンスを過去、特にマイルにおいては見せてきている。
『競馬に絶対は無い』のは確かだが、逆にその言葉を用いなければ嫌うことができない馬は嫌うべきではないんだろうなと。

というわけで相手探し。
先行馬が多く、特にスマイルカナや、(控えそうな気もするが)レシステンシアが大外にいることでペースはかなり流れる筈。
地力のあるレシステンシア以外の先行馬は厳しいと見て、中団以後からの差し・追い込み馬からチョイスしたい。

ひどい馬場になった桜花賞以外では常に速い上がりを使って凡走知らずのマジックキャッスルと、凡走知らずといえばアタシやでと言わんばかりの6戦5勝3着1回のテルツェット。
いずれも直線長い東京マイルで真価を発揮すれば、グランに肉薄してもおかしくはない逸材と見ている。

テルツェットは、1000万下と準OPでさほど強くない相手にごく僅差の勝利ということでトップクラス相手には通じないと見る向きもあるようだが、前走でスローの上がり勝負よりある程度流れたタイトなレースの方が向いていることを示しており、舞台適性も踏まえるとかなり期待できそう。
少なくともグランアレグリア以外には格の上でも負けてはいない。久々にGⅠでのデムルメワンツーを見られる可能性は決して低くないのでは。

前走デゼルにクビ差敗れたマジックキャッスルだが、スムーズだった相手に対し、馬群を割った道中を見ると、逆転は十分できそう。
当初(グランが安田に行くと予想してた時)は、本命にしようとすら思っていたのだが、ただ最内枠となるとちょっと。
おそらくそんなに下がりすぎない中団あたりで競馬をするだろうが、上手いこと外に出せないと次々垂れてくる先行馬を捌かなければならない羽目に陥ってしまう。
初めから腹を括って外まわしそうなテルツェットの方をとりあえず高くとったが、逆にうまく前が開けばこっちかなぁと、◯▲はそんな感じである。

あとは大外枠がつらいとはいえ、先行馬の中で図抜けて強いレシステンシアは切り難く、そうなると昨年2着のサウンドキアラや力上位は間違いないデゼルまでは手を伸ばしづらいところか。

4頭に絞ったとしても買い方はかなり頭を悩ますところ。まあよく考え、後悔のないよう買うことにしよう。
その向こう側に何もなくても……