にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 平安ステークス 予想

ついにクラシックの大本番、クライマックスオブクラシックの刻が来てしまった。
あとはただ見守るのみ……と言うにはやることがあまりにも多すぎる。それぞれのレースの最終検討やら、指定席争奪戦やら。もちろん大目当て以外のレースと向き合うのもその一つ。

まずはオークス前日のダート重賞・平安ステークス。
今年は平安の都ではなく、中京での開催。桶狭間の地で奇襲を決め、ダートの天下取りに名乗りを上げるはどの陣営か。

◆平安ステークス

◎⑧サトノギャロス
◯⑤オーヴェルニュ
☆①ヴェルテックス

 


まだ投票始まったばかりでオッズがどう動くか読みづらいところはあるが、人気しそうなアメリカンシードとオーヴェルニュはいずれも前走大敗。
GⅠで体重減らしてて久々のワンターンと、エクスキューズの多かったオーヴェルニュは良いとして、ダート替わりからの快進撃がマーチS大敗で止まってしまったアメリカンシードは大いに不安。
あれは負けすぎで却って度外視できる。前走あのルメールがGⅠの裏に回ってまで乗りにきた素質馬で今回も続戦。真価を出せばぶっちぎる筈……という見方もあるのだが、どうもこれまで数多いた、トップまで昇りつめるかと思いきや一度の挫折で二度と浮上しなかったり、そこそこのレベルで収まってしまった馬たちの影がチラついてしまう。
走ったらしょうがないとこちらは切りかなと。

本命は3走前にオーヴェルニュやテーオーケインズといった強豪と差のない競馬をしているサトノギャロス。得意の左まわりで逆転も十分視野に入れられるのでは。
鞍上が消極的になりすぎないかが心配ではあるが、勝ち負けできる力は十分にある筈。

穴っぽいところを狙うとしたら上がり馬のヴェルテックス。
未勝利戦で7回2着になって地方へ行き、連勝してまたすぐ中央再入。その後3ヶ月ほどでOP入りという、苦労人ともエリートともいえる存在だが、ダート15戦で馬券外だったのは1度のみというのは特筆すべき。
重賞初挑戦でも一気に勝利とか、ここでも相手なりに走って3着内とか十分にあり得そう。


土曜はこんな感じで軽くいただき、日曜は府中の地で歓喜の雄叫びを(心の中で)あげようかと目論んでいる次第。ヨロシク。