にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 平安ステークス 感想戦

グリチャだったかテレ東だったか、今年は中京に遷都とか微妙にうまいのかよくわからんこと言ってた、平安の名を冠したレース。
昨年一昨年と超大物が制しており、所変われど注目の一戦であることに変わりはない。

◆平安ステークス

◎⑧サトノギャロス
◯⑤オーヴェルニュ
☆①ヴェルテックス

【買い目】
馬連 ①⑤⑧
ワイド ⑧ー①⑤

 


【着順】
⑤オーヴェルニュ ◯
⑯アメリカンシード
⑪マルシュロレーヌ
②アルドーレ
⑮スワーヴアラミス

前走落鉄やらあったらしく、大敗を喫して快進撃が止まったアメリカンシードが大外枠から逃げを打ち、離れた馬群の好位にオーヴェルニュ。
コーナー抜けるあたりで馬群の先頭に立ったオーヴェルニュが早々に前にいるアメリカンシードを捉えにかかり、もう逃げ馬は終〜了のパターンかと思いきや、オーヴェルニュが凄いだけだった。
前を交わすや、グングン伸びていき突き放すが、突き放されるアメリカンシードも他の馬には交わさせることなく2着。
中程から直線早めに3番手に上がったマルシュロレーヌがそのままの位置を死守して3着。

いかにも荒れそうと思われたレースだったが、しっかり人気決着に。我ながら見事なフシアナぶり。

サトノギャロスはできればコーナーから徐々に進出してほしかったが、いわゆる後方ぶんまわしに。まあ馬の特質と騎手の技量を考えるとやむを得ないところ。
それでも一瞬おっと思わせる伸びは見せたが、やはり中京でのぶんまわしによるロスは大きかったか、それとも距離が微妙に長かったか、パタっと止まってしまい終了。


ふと、重賞っていつ以来当たってないだろ……と思い、よせばいいのに調べてみたところ最後の的中が京都新聞杯だった。
桜花賞・中山GJ・皐月賞とGⅠを連続で当てて、今年の春はワイのもんやと息巻いたのが遠いことのよう。
平安の世だとノホホンとしてたら、気づかぬうちに戦国時代に突入してて、ガッツリ領土を削られてたみたいなカンジ。

もう目の前に競馬の祭典。
お祭りだと浮かれるのでなく、決死の覚悟で臨まねば。