にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 プロキオンステークス・七夕賞 感想戦

ここしばらくブログは開店休業気味。馬券も週に1レースのみ、ちゃっと予想して買うという昨年同様のスタイル。
別に単にサボっているというばかりでもなく、他に取り組んでることがあって、それがぼちぼちマイペースとも言ってられなくなってきて、なかなか忙しい夏になりつつあったりしてるわけで。
少なくともブログの方は、当面は週に一回、記録というか備忘代わりの重賞感想戦書くしか手はまわらないかなと。

さて今週は、今年は小倉でのダート戦と、福島名物の芝中距離戦。

◆プロキオンステークス

③メイショウカズサ
⑥トップウイナー
⑯メイショウウズマサ
⑫ダノンスプレンダー
②アヴァンティスト

ハナをとったのは大外のメイショウウズマサ。トップウイナーがぴったりくっ付き、3ハロン35秒ほど、5ハロンは1分を切るという、いくら足抜きの良い重のダートとはいえさすがに速すぎるだろうというペースに。雷鳴に馬が興奮しちゃったのかしらと首を傾げる。
しかし前が止まらない。好位につけて垂れてくる先行数頭を捉えんとした一番人気サンライズホープは逆に振り落とされ、後方一気にかけた二番人気ウェスタールンドは全然届かず。
唯一、好位から前を捉えにいけたのはメイショウカズサ。あの位置から、最後方一気のウェスタールンドよりも速い上がりを使い、捉え切って2馬身差以上つけての勝利。
小倉はよほど時計に執念を燃やしているのか、砂でもJRAレコードなぞが飛び出す。まあ良し悪しはさておいて、そういう競馬場だと念頭に置いてやっていくべしですな。

配当はすわ200万馬券という大荒れ。
そりゃOP入り後はタイムオーバークラスの大負け3連発の馬が勝つとも、今年に入ってダントツ最下位→異常歩様で中止→芝に変えて最下位ときている馬が連に絡むとも普通は思えないであろう。

 



◆七夕賞

④トーラスジェミニ
②ロザムール
⑥ショウナンバルディ
①マウントゴールド
⑬プレシャスブルー

ロザムールがハナ、番手にトーラスジェミニはまあ想定通りではあったが、他がまったく絡みにいかず、今回もまた行った行ったの先行天国。ここのところ多すぎる。
ペースはそれなりで、後続もやりよう次第だったかと思うが、あれだけ気持ちよく逃げさせて、縦長の隊列の中団あたりの方がごちゃついて消耗するというお粗末さ。直線短い福島のコーナー抜けた時点でまだ前2頭がその後ろに1馬身以上差をつけてるとか。
トーラスジェミニは、安田掲示板からここでこの展開で勝って、次の選択肢は色々あろうが、人気するようなら疑いたい一頭。まあその時も行った行ったで勝ち負けは全然あり得るのだが。

今週はこのレースだけちょっと買っていたのだが、例年の七夕賞の傾向も踏まえ、ぼちぼち前買っときゃいい風潮のカウンターが来るんじゃないかとアールスターをチョイスして大失敗。
見せ場といえば何故か一頭だけやたら泥かぶってたことぐらいか。リアクション芸人じゃねんだから。


やっぱ一昨年に倣って、夏競馬は札幌記念以外完休にした方が良いかしらね。。。
やることもあんし。