にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 アイビスサマーダッシュ 感想戦

賛否両論ってことになってるオリンピックがいよいよ開会。
個人的には、絶対涼しい時期にやるべきとか今の状況で客入れられないとかどんだけ脆弱なんだよとか不満はあるものの、せっかく普段なかなかお目にかかれない競技も含めて色んなスポーツを観れる機会なんで存分に堪能しませうと。割と忙しいさなかテレビジョンなぞ観ることが多くなりがちで。

そんなスポーツの祭典よりも少しだけ面白い夏競馬。そんな夏競馬の中でもかなり面白い直線1000mの電撃戦。
五輪もいいけど五ハロンもね、とかほざきつつ、しばしこっちにチャンネルを合わせる。

◆アイビスサマーダッシュ

【着順】
⑭オールアットワンス
⑫ライオンボス
①バカラクイーン
⑨トキメキ
④ジュランビル

 


過去2回のこのレースを含め、長らく続けていた千直オール連対が前走で崩れたライオンボスだが、決して終わっていなかった。
この舞台でやらなきゃどこでやるとばかりに、迫力満点で早めに先頭に立つ。

そんな偉大なる獅子王を捉えられる位置に付けていた若き快速牝馬が、過去未体験の軽量も味方につけたか抜け出し、ライオンボスをも交わし去り、3歳馬による古馬重賞一番星を飾る。

その2頭に差をつけられた馬群で熾烈な3着争い……と思いきや、外に殺到するのがお決まりの千直において、一頭だけ無人の野を行くがごとく内ラチ沿いを進み、大いに沸かせてくれた14番人気のバカラクイーンが3着に残すという、文字どおり離れ業をやってのける。
内側もかなり良い状態であれば、それなら遅れをとる可能性が極めて高い上に他馬に揉まれる外へ向かうより内側というのは確かに誰しも思いつくだろうし、現にこれまでもチャレンジする姿は何度か見てきたが、結局千直においては外に出すのが最適という答えになるのが常だった。
造園技術の発達に伴い、この舞台ですら内外の有利不利はなくなりつつあるのか、今回たまたまハマっただけかはわからぬが、とりあえずは楽しませてくれた上に結果も出した人馬に拍手を贈りたい。


ちなみに馬券はビリーバーからいって今週もお外し。お恥ずかしい。
五輪は賭けずに楽しみましょう。