にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 天皇賞(秋) 予想

自分が競馬を見始めてから秋の盾を獲得したのは、モーリス、キタサンブラック、レイデオロ、そしてアーモンドアイ×2……
いずれも錚々たるトップホースたち。レイデオロは格落ち感があるが、その時点では文句なしの現役最強馬だった。
今のところ、この顔ぶれに名を連ねる資格があるのは、やはり人気上位3頭のいずれかということになるだろうか。
リスペクトを欠いてはいけないが、常に健闘すれども5歳にして重賞勝ちが無い者や、GⅠ2勝こそしてるもののキャリアの連対率が5割切る者は見劣りすると言わざるを得ない。

競馬という競技において最強クラスの馬たちに、最高のパフォーマンスをしてもらいたいという願望も踏まえると、予想の方は必然的に。

◆天皇賞(秋)

◎⑨グランアレグリア
◯①コントレイル
▲⑤エフフォーリア
注⑦ワールドプレミア

 


というわけでテーマは三強の中で誰が最も強いかという一点。
皆、素晴らしい強さでビッグレースを制してきた名馬であるが、その中でも『めちゃくちゃ強いサラブレッド』を超えた『まるで違う乗り物みたい』と形容すべきケタ違いの強さを幾度となく見せてきたのはグランアレグリア。
2000mが不安視されているが、あの極悪馬場だった大阪杯でもコントレイルとはクビ差の決着なので、まるでやれないわけでないことは実証済。得意の、そして性質上マイラー寄りの馬が好パフォーマンスを見せやすい府中の2000であれば本領発揮し、またあの違う乗り物であるかのような豪脚を見せてくれるのでは。
ちなみに安田記念2着をマイナス査定している人もいるようだが、VMからの中2週、それもあの大阪杯からスタートした2ヶ月間の3戦目であの内容はむしろ評価すべき。
喉鳴り手術の影響については、十分な知見は持たないのでわからないが、まあそこまで気にすることもないのではと。

相手は、やはりあの2頭。
春を一戦だけで手仕舞いにして、そしてこの秋も早々に有馬記念不参戦を表明し、ここに全てを賭けてきた感のある三冠馬コントレイル。
思えば菊花賞は本来なら長すぎ、その菊花賞の疲れもそのまま地獄ローテで挑んだJC、極悪馬場の大阪杯と、ずっと合わない舞台・状況での戦いを余儀なくされてきており、それでも常に馬券にはなってきた。
久々に真価を発揮できる舞台での戦いで、やっぱコントレイル強ぇーと観衆を唸らせてくれるかもしれない。

そしてエフフォーリア。
今年のクラシック上位組はまだ古馬とぶつかっておらず、いきなりトップ同士の対決となるわけだが、こればかりはやってみなければわからない。
ただまあ、皐月賞・ダービーともあれだけの強さを見せたこの馬が、全然通じないなんてこともないでしょうと。

後々伝説となるような、この3頭の叩き合いが見たい。
馬券としては本命からの馬連2点でも大した儲けにはならないので、裏が出たらしょうがないと馬単2点。これだけ握りしめてこの大一番を見届けよう。


…………と、これで良かったはずなのだが。

週頭からずっと注視していた天気予報。どうやら台風もあっちに行ってくれて、当日は晴天のもと迎えられる見込みだったのだが……
金曜の天気予報では日曜午後は曇マークに、そしてここに来て明日は雨だとかぬかし出しやがった。それも見るたびに降り出しが早くなってきている。
どうしようもないことではあるが、ちょっと勘弁してほしい。大阪杯に続き、稀代の名馬が真価を発揮できずに終わったらこんなに残念なことはない。いい加減にしろよオイと、天に向かって怒鳴りつけたい気分である。
多少降るにしてもパフォーマンスに大きな影響を及ぼさないおしめり程度で済んでほしいと願いつつ、とはいえ馬場が悪化した場合も想定しておかなきゃならんなと。

そうなると、グランアレグリアとコントレイルを幾ばくか割り引かねばならないのは春に見たとおり。稍重で上がり36秒台掛かる皐月賞で断然の強さを見せたエフフォーリアが相対的には浮上するだろうか。
そして、直線でのキレ勝負になればまず三強に歯が立たないだろうと思われるワールドプレミアだが、タフなレースになれば俄然無視できない一頭となる。この秋3戦する予定だと表明されており、陣営にとって本番はJCか有馬記念だろうと考えていたが、時計の掛かる力比べになれば話は別。叩き良化型のイメージだが、これまで休み明けも決して弱いわけではなかった。

まあ、あまり大きく変更はしたくないが、当日の状況次第ではエフフォーリアとワールドプレミアの4月の王者馬券なんてのも抑えておいても面白いかもしれない。結構つくし。

つーか降るな。マジで。