にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 ステイヤーズステークス・チャレンジカップ 予想

たまには土曜重賞についてサラッと。

まずは師走名物中山の長距離戦。
昨年王者のオセアグレイトが回避となってしまい、まあ普通の感覚の持ち主なら大事に至らないことをまず祈るだろうが、その後に思い至るのは大本命不在のこのレースが馬券的にどうなるか。
荒れそうだ面白いととるか、狙ってた馬のオッズが下がってしまうと嘆くか。わたくしはどちらかといえば後者なわけで。

◆ステイヤーズステークス

◎⑩カウディーリョ
◯⑤アイアンバローズ
▲⑬シルヴァーソニック

というわけで人気しちゃってるカウディーリョ。着差こそクビ差ではあったものの、丹頂Sでの勝ちっぷりは余力十分、全然疲れてませんといった感じで、ステイヤーとしての適性を感じさせるものだった。
勝ち負けしたレースのほとんどが直線平坦コースなのは多少気になるが、直線坂のあるタイプの競馬場が苦手というよりはそもそも走っている回数が少ない。ここは3歳春に一度だけ走った中山で勝っていることから、大丈夫なのだと信じたい。

相手は長め距離でしのぎを削ってきたアイアンバローズとシルヴァーソニックのオルフェ産駒2頭。どっちかは中山3600でも走るでしょと。

 



◆チャレンジカップ

◎①ジェラルディーナ
◯⑦ペルシアンナイト
▲⑪ソーヴァリアント

来年の競馬界を思うと是非ともここで強いところを見せてほしい評判の3歳馬2頭は、現地でまだまだ奥がありそうだと感じたジェラルディーナの方を本命に。
ゲートが悪く最内で後ろからになってしまうのが心配ではあるが、この頭数と相手関係なら捌いて進出するなり、スムーズに外に出すことはできるのかなと。
是非来春には大きな舞台で戦っていてほしいと強く思っているので、ここは馬券内とかでなくしっかり勝利を掴んでほしい。

一方の期待の3歳馬ソーヴァリアントとの間に入ってくるとしたら、やはり実績最上位のペルシアンナイト。
最近はマイルより2000ぐらいの馬になってきているなどとよく言われているが、皐月賞と大阪杯の2着など、実は若い頃から2000mは割と得意な距離。
札幌記念3着、苦手な左回りでの秋天でも5着馬と着差なしのこのGⅠウイナーがヒートオンビートやマイネルウィルトスより人気していないことが意味不明なのだが、斤量やテン乗りの岩田息子で嫌われているのだろうか?
古豪の意地を見せてやってもらいたい。


師走に突入。冷え込みも厳しくなってきたが、心とフトコロは暖かくあってほしいなぁと。