にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 阪神ジュベナイルフィリーズ 予想

散々悩んでたら、いつの間にか日付が変わろうかという時間。
忌まわしき休日出勤なぞ命じられており、この日曜日は6時半起き。あまりグズグズ悩んで、駄文をタラタラ書いている場合でもない。

とりあえずサクッと印を決めてサクッと書いてみる。

◆阪神ジュベナイルフィリーズ

◎⑬ウォーターナビレラ
◯⑯ベルクレスタ
▲⑩サークルオブライフ


◎⑬ウォーターナビレラ
唯一の3勝馬で、強さの担保はしっかりしている。その舞台も近年ここでの活躍馬を多数出しているサフラン賞とファンタジーS。武兄弟による快挙達成への期待も相まって相当人気することだろう。
……と思っていたが、そこまででもない。勝ち鞍が他有力馬と比べてインパクトに乏しかったか、調教が不安視されているのか。
たしかに日曜の坂路調教は未だかつてなく遅く、最終追い切りは未だかつてやっていない芝での追い切りと、非常に怪しいことは否めない。
ただ、状態への不安が杞憂だったとしたらこんなに美味しいオッズは無いのでは。なお勝ちっぷりが地味に見えるのは単に先行する脚質のせいで、前走も前々走も中身の伴う勝利だったと自分は思っている。
できれば当日の様子を見て買うか決めたいタイプの馬ではあるが、前述のようにパドックや返し馬は就労中につき見られない。悩ましいがどこかで決断せねばならぬ。

 


◯⑯ベルクレスタ
新馬戦は現時点で牡馬トップクラスと思われるセリフォス相手に屈したものの、2戦目は大器の片鱗を感じさせてくれる勝ち方。前走のアルテミスSもサークルオブライフの強襲にクビ差交わされたものの、早め抜け出した分とか、今度は輸送の有無が逆になることなど考えると十分逆転可能。
こっちのサンデーかいになる可能性は決して低くないと見ている。

▲⑦サークルオブライフ
そのベルクレスタを抜群の末脚で交わしたこちらも高評価せざるを得ない。展開待ちというほど自分で動けないわけではなく、阪神外回りはいかにも向きそう。そして牝馬の国枝厩舎、抑えざるを得ない。
武兄弟によるGⅠ制覇という快挙をストップし、久々に空気の読めないイタリア人と言わしめる姿も見たいような気がする。


おそらく3〜5人気になるこの3頭で勝負したい。
より人気している2頭については、ナミュールはさすがに中2週の間隔で外厩に出すのはいくらしがらきといえど逆効果なんじゃないかなぁとか思ったり。
ステルナティーアはかなり遅い流れのレースしか経験がないので、もしやリアアメリアしちゃうのではという危惧、しかも初輸送初右回りとなると少し嫌いたいかなと。
どちらも評判など聞くに、とんでもなく強い勝ち方してしまう可能性も当然あるとは思うが……


結局結構長々書いてしまい、日付もまたいでしまった。
さっさと寝なければ。