にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 阪神カップ 予想

スプリンターズSからはかなり、マイルCSからも多少の間があり、春もまだ遠い時期にある定量の高額賞金レースということで、毎度結構なメンバーが参戦してスーパーGⅡなどとも呼ばれる短距離戦。
今年も1ハロン違いのGⅠで名を馳せた者たちをはじめ、なかなかの顔ぶれが集まってきて、グランプリの前座とは言えぬ注目の一戦。

◆阪神カップ

◎⑦ダノンファンタジー
◯⑥ファストフォース
▲③ホウオウアマゾン
△⑩サウンドキアラ
△⑰ソングライン

 


1400という距離のなせる業か、同じく好メンバーGⅡの札幌記念ほどは『GⅠ馬ナメるべからず』決着にはなりづらい印象がある。
とはいえ過去5年のうち3回はGⅠ馬が勝っており、連には必ず絡んでいる。
そして過去12年で連覇している馬が3頭もいたり、2年連続2着の馬がいたり、記憶に新しいイスラボニータも2着の翌年に有終勝利を収めたりと、非常にリピーターの多いレースでもある。

となると軸選びは非常にカンタン。昨年の覇者であり、前走同舞台の別定戦で牝馬としては重めの斤量貰いながらも充実の勝利を飾ったダノンファンタジーがまず固いのではなかろうかと。
同期の名牝たちが引退式で華々しく見送られていく中、世代で最初のGⅠを勝ったこの馬もまた強い世代の強い牝馬であることを証明してくれるのではないだろうか。
ダントツ人気かなと思いきや、他にも強いと見られている馬がいるからか、はたまた鞍上が主戦の川田でなく藤岡兄であるせいか、思ったよりは被っていない。ここは素直にこの馬を中心に。

ホウオウアマゾンとファストフォースの逃げ馬2頭が潰し合うと見る向きもあるようだが、どっちも差しがガン決まりの前走でかなり粘っており、ここでも案外しぶとく、どちらか或いはどちらも残るのではないかと見ている。
もちろん有力なのは前走外回りのGⅠで、かなりの頑張りを見せサリオスなんかは差し返してしまったホウオウアマゾンの方であろうが、この夏ブレイクして前走で決して平坦巧者ではないところを見せたファストフォースが案外1400にも適応しちゃうんじゃないかと期待を寄せてしまうのはオッズのせいだけではない。

とはいえ、やはり実力馬の追い込みは怖い。
NHKマイルカップでシュネルマイスターとハナ差だったソングラインは半分GⅠ馬みたいなもの。使い分け感満載のマイルCSスルーは気に食わないが、輸送と右回りを嫌って完全に切ってしまうには能力がありすぎる。
あと、不調気味だった昨秋よりは充実してそうなサウンドキアラ。以前は重賞3連勝したり怪物さえいなければGⅠを勝っていたりの実力上位馬。あまり人気していないし買いの一頭かと。


こんなところで。
そろそろ大きくあたりますように……