にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2021 有馬記念 感想戦

一年の総決算たる有馬記念が終わり、何だか虚脱してしまっているところだが、同時に今は次のGⅠの前々日の夜。いつまでも抜け殻ではいられない。

久々に現れた条件問わない最強馬に興奮、来年以降更なる覇道を歩むことへの期待が膨らんだ反面、去りゆく名牝が最後にちょっぴり不本意な競馬で終わってしまった切なさもあったり。

いつもなら気持ちの整理にしばしの時を要するところだが、今回ばかりはチャッチャと行い、次に目を向けることにしよう。

◆有馬記念

◎⑦クロノジェネシス
◯⑩エフフォーリア
▲⑯タイトルホルダー
△⑭アサマノイタズラ
△①ペルシアンナイト

【買い目】
馬単 ⑦→⑩
馬連 ⑦ー⑯
3連複 ⑦ー⑩ー⑯
3連単 ⑦⑩→⑦⑩→①⑭

 


【着順】
⑩エフフォーリア ◯
⑤ディープボンド
⑦クロノジェネシス ◎
⑨ステラヴェローチェ
⑯タイトルホルダー ▲

大方の予想通りパンサラッサが逃げ、タイトルホルダーが離れた番手となり、ペースは前半はかなり速く、中盤以降も緩みすぎない程度のミドルペース。
キレ勝負でも消耗戦でも無い、バランスの良い地力が求められるレースになった。

中団で進めていた2強だったが、クロノジェネシスはエフフォーリアのマークに遭う形で、3〜4コーナーの勝負どころで上手く被されて先に行かれた上に、そのすぐ後に連携プレイかのようにステラヴェローチェにまで被されてしまい、完全に後手を踏む形に。

最大のライバルを封殺し、突き抜けるかに思われたエフフォーリアだが、終始好位にいたディープボンドが内から上手く抜け出してきて食い下がってくる。
しかしエフフォーリアは府中の高速馬場でないと真価を発揮できないタイプではなかった。力強く伸びていき、叩き合いを制して、現役最強であることを改めて証明。

一方クロノジェネシスも直線ではさすがの強さでステラヴェローチェは差し返し、じりじり前へも迫るが3着まで。
踏み遅れさせられたのは痛かったが、その分溜めることができたとも言えるわけで、それで肉薄まではいかなかったのだから、まあ仕方ないところだろうか。やはり状態面も万全ではなかったのかもしれない。
クラシックを分け合った同期の仲間たちのように有終の美とはいかなかったが、何ら恥じることのないラストラン。拍手を贈りたい。

それにつけてもエフフォーリア。
ここと秋天と、全く異なる適性が問われるGⅠを両方制した、しかも下した相手はコントレイル、グランアレグリア、クロノジェネシスといったレジェンド級ばかりというのはものすごく価値が高いのでは。とにかく問答無用に強いという他ない。
次年度、大阪杯、宝塚記念、秋の王道といった国内路線で覇道を歩むか、海外へと飛び立つか。何にしても楽しみでならない。

そして健闘を見せたディープボンド、ステラヴェローチェ、タイトルホルダーらも、多くのトップホースが去った競馬界を盛り上げてくれる存在になる筈。
個人的にはこの3頭が春天に集結するなら、是非現地で観たいなぁと思ったりもしているのだが、さて。


馬券的にはクロノ頭でもなければ、ディープボンドは少し気になりつつ中山実績無いことを決め手に切っていたし、4着のステラヴェローチェも切っていたので、全く惜しくもなく、ルメールの名を絶叫することすらもなく終了。

今年のホープフルSはオマケでは済まない、乾坤一擲の大決戦と相成ってしまったわけで。