にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2022 シルクロードステークス・根岸ステークス 感想戦

GⅠへと直結する一戦。
とはいえ、それがダートとスプリントとなると、クラシックと古馬王道ぐらいしかやりませんというライトなファンには興味は薄いところか。
当方、それよりはやや濃い目の競馬オヤジとはいえ、この週はピンとくる予想ができず、見にしようかなと思っていた。

が、折角検討しちゃったし、もし買わずに予想が当たったら悔しいしと結局購入。
コレって悪癖だよなぁ。

◆シルクロードステークス

【着順】
③メイケイエール
⑯シャインガーネット
⑩ナランフレグ
⑥ホープフルサイン
⑤タイセイアベニール

ゲート入り嫌がり、スタート飛び出すやすぐに先頭に立ってしまったメイケイエール。
ああ今回も暴走か……と思われたが、ビアンフェらが主張してくるとグッとこらえて3・4番手に位置をとる。
直線、他の先行馬が苦しくなる中1頭抜け出し、中団からシャインガーネット、後方からナランフレグが追撃してくるも寄せ付けず、本番が実に楽しみになる完勝劇。
何か桜花賞惨敗の印象が強くて、長らく低迷してるイメージだけどこれで重賞4勝目なのね。もちろんGⅠという高みも狙える馬でもあり、馬券師としては切ることに妙味を感じる馬だったりもする。
今後も悩ましくも楽しみな一頭である。

 



◆根岸ステークス

【着順】
⑪テイエムサウスダン
⑦ヘリオス
⑧タガノビューティー
⑥ジャスティン
⑤オメガレインボー

大体いつもハイペースの追い込み天国となりがちなレースであるが、今年はハイペースではあったものの、いつの間にかハナにいたジャスティンや好位のヘリオスが粘りに粘る。
しかし、その頑張りも鞍上岩田康誠が追いに追っていたテイエムサウスダンの猛追には抗しきれず。
決して地方専用機ではないことを示しての中央重賞初制覇。本番は1600はやはり長いとなるか、このまま頂点も掴み取るか。楽しみにしたい。

よくあそこから伸びたとも、伸びてくるのが遅かったとも言えるタガノビューティーがジャスティンをクビ差とらえて3着。
好位から残したヘリオスともども流れによっては本番も全然ある馬。よーく検討したい。


ということで馬券の方はどっちも全然ダメ。
言い訳ではないがあまりピンとくる予想ができず、シルクロードは無理やり中穴を見出し、根岸も自信のないままマァ武蔵野組が強いかなと薄っすら思い、見にしようかなとも思っていたところ、でもそれが当たってたら悔しいしなと買っていた。
こういうのアカン。どうせ外れるならちゃんとバットぶん回して外さないと。

「もし買ってたら当たってた」となることを覚悟の上で、時には見にしておく勇気も馬券師には必要よなと痛感した1月末の日曜日でした。