にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2022 クイーンカップ・京都記念・共同通信杯 感想戦

大寒過ぎても冷え込みは和らぐことなく、しばれる身体を週末の鍋で、冷えた心を競馬で癒す日々。
ちょくちょくクラシックの主役を輩出する牡牝の重賞に、春はもう遠くないことを感じつつ。

◆クイーンカップ

【着順】
⑬プレサージュリフト
⑨スターズオンアース
②ベルクレスタ
④ラリュエル
⑩モズゴールドバレル

土曜の馬場状態を考えるとゆったりめと言えるペースの中、出負けして後方から外まわして全馬差し切った勝ち馬はもちろん見事。
好位から前がごちゃついて抜け出すのに苦労しておきながらクビ差まで粘った2着馬も飛躍に期待したい。

土曜のこちらは見として、日曜の2重賞で勝負。

◆京都記念

【着順】
⑪アフリカンゴールド
①タガノディアマンテ
⑤サンレイポケット
⑨ジェラルディーナ
⑥ユーバーレーベン

開幕週だしメンツ微妙だし先行して一発あるかなあぐらいに思っていたアフリカンゴールドだが、いくらスロー逃げられたとはいえ稍重の馬場で上がり34.5でまとめてくるとは。
当然他馬になすすべはなく、1馬身差以上つけての完勝。7歳にして重賞初勝利を飾る。

本命のサンレイポケットは、好スタートからちと控えすぎの位置まで下がってしまい、直線入っての手ごたえもイマイチ。
ああダメかと、実はレース最後の方は外から伸びてきたジェラルディーナに注目していたところ、他馬がややスピード落ちた残り1ハロンでも脚色鈍らずグイっと伸びて3着。
気がついたらワイド拾ってましたというプチハッピーエンドと相成りましたとさ。

 



◆共同通信杯

【着順】
⑩ダノンベルーガ
⑤ジオグリフ
⑧ビーアストニッシド
⑨ジュンブロッサム
②アサヒ

ダノンベルーガが新馬戦で見せた大器の片鱗は伊達ではなく、素質馬揃いの重賞でもスローの中団から一頭異なる脚色で完勝。
エフフォーリアに続いてここから頂点に駆け上がるか、イクイノックス、ドウデュースらと春に相見えるのが楽しみでならない。

相手候補筆頭だったジュンブロッサムは結構自信あったのだが、直線ここぞというところで若干ヨレて加速が遅れてしまい、しまいは伸びるも届かず4着。
今回切ってた2着馬3着馬はともに前走本命……まあジオグリフの真価発揮も、ビーアストニッシドがまともにエスコートされることも有り得るとは思い、その上で買い目の方を優先させたのだから仕方ない。
ヤスナリの糞野郎などと悪口は言わないのが私の良いところである。


さて、ともあれ激安ヨーホーレイク単勝以来の的中ということで、次週のGⅠに向けて良い流れができたと思いたい。
久々の現地でもあるので、願わくば好天と素晴らしいレースとウハウハの的中馬券に恵まれたいところ。全部逆目もありえるけど……