にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2022 桜花賞 感想戦

ついにクラシック開幕。
例年胸躍る季節であるが、今年はとりわけ牡馬も牝馬も粒揃いの混戦といった感じで面白く、本来なら馬券なぞやらずに純な気持ちで楽しむべきなのかもしれんが、そこはサガというもの。
今日も今日とてお金を放り投げるような所業に身を費やす。

◆桜花賞

◎③アルーリングウェイ
◯⑧スターズオンアース
▲⑪ラブリイユアアイズ
△⑯サークルオブライフ
△⑱ナミュール
注⑭プレサージュリフト
注⑰フォラブリューテ

【買い目】
3連複 ③⑧ー③⑧⑪⑯ー⑪⑭⑯⑰⑱
馬連 ③⑧⑪

最近絞って買っても外れてばかりなので、たまにはやり方を変えてフォーメーション19点で。⑯⑱両方くるパターンを少し厚めにして妙味も十分。

 


【着順】
⑧スターズオンアース ◯
⑥ウォーターナビレラ
①ナムラクレア
⑯サークルオブライフ △
⑤ピンハイ

先行争いはそれなりに激しくなると踏んでいたのだが、頭カフジテトラゴン、番手ウォーターナビレラ以下、案外すんなりと落ち着いてしまい、ペースもこの馬場でのGⅠとしては平均より緩め。
しかも4〜5ハロン目ではラップ12秒台と、先行馬たちも息を入れられ、こうなると後ろからの馬には厳しい。

直線でウォーターナビレラが前に出て、内側をソツなくまわったナムラクレアとの叩き合いも制す。武兄弟によるGⅠ制覇なったかと思われたところ、中団から馬群を割って伸びてきたスターズオンアースが、最後の最後にまたググッとひと伸びし、ハナ差で勝利。
これまで早め抜け出しから何かに差されていたのが、ここでは前が開かず、ぶつかったりぶつけられたりの中、他馬を跳ね除け伸びてくる力強い競馬。全く予断をもって馬を見てはいけないなと。
終わってみれば、ウォーターナビレラとナムラクレアをむやみに軽視してしまってたなと。特に人気馬の前者は来ないと決めつけたのは予想というよりただの願望。反省。

本命アルーリングウェイは好位置にいたものの、勝負どころでラブリイユアアイズに閉じ込められたのが痛かったか。
それでも強ければスターズオンアースに跳ね除けられるのでなく、一緒に伸びてきても良かった筈。ちと見込すぎたかもしれない。

サークルオブライフ以下、外差し届かず組はオークスで巻き返しを図りたいところか。


ちゅうわけで、連敗街道の終わりが見えない。
性懲りもなく今週末は中山現地へと。どうか光を……