にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2022 天皇賞(春)予想

メンバーを見るに仕方ないところではあるが、いつの間にやら古馬の頂上決戦ではなく、最強ステイヤー決定戦といった枕詞が付けられるようになってしまったこのレース。
競馬歴数年のニワカの身でも一抹の寂しさを感じるのだから、かつてここを制した数々のレジェンド馬たちを目の当たりにしてきた古くからの競馬ファンには尚のことだろう。

つくづく、キタサンブラック、シュヴァルグラン、サトノダイヤモンドら当時のトップホースたちが集結した春天を現地で観れたのは幸せなことだったんだなあと。
なぞと回顧しつつ、今年は的中という果実をもって素敵な思い出とすべく、検討をすすめる。

◆天皇賞(春)

◎⑯タイトルホルダー
◯⑦テーオーロイヤル
▲⑱ディープボンド
△⑨ヒートオンビート
☆⑫ハヤヤッコ

2頭しかいないGⅠ連対経験馬の馬連を脳死で買うのが正解のような気もしつつ、考えていけばいくほど沼にハマってしまう。
外枠に入った本命サイドは果たして固いといえるのか、その2頭ならどっちなのか、その次に有力とされる馬たちと伏兵とされる馬たちに差はあるのか、展開は、天候は、枠ってそんなに関係あるのか……

 


◎⑯タイトルホルダー
春天において大正義とされる菊花賞勝ち馬。
その菊花賞は単騎逃げに持ち込むことができた上に、当時の鞍上・横山武史の巧みなペースコントロールで後続を完封したという内容で、さすがにその再現とはいかないと思うが、今回他に主張してきそうな馬もいないので、自分のレースはできるのでは。
外枠は嬉しくはないだろうが、コーナーまで結構長いこのコースで、どうせ前に行くのであればさほどは関係ない。
ここよりはるかに外枠不利だったであろう有馬記念で、先行勢壊滅の中唯一ある程度粘っていたことも評価できる。多少ペースを乱されても大崩れはしないのでは。


◯⑦テーオーロイヤル
7ヶ月前には1勝馬だったところ、4連勝で重賞勝ち馬まで上り詰めた、言ってしまえばいかにも罠くさい馬。勝ったダイヤモンドSはJRA重賞の中ではレーティング数値的にも印象的にもレベルが高いレースとは言えない。
とはいえ、条件戦からの勝ちっぷりを見るに、内容が非常に良く、まだ底は見せていないようにも感じる。やはり2強崩しの最有力候補と見るべきはこの馬だろう。


▲⑱ディープボンド
昨年の春天は3着と2馬身差つけての2着、有馬記念では本調子ではないとはいえクロノジェネシスに先着の2着と、今回のメンツならむしろ1倍台でないのは美味しいと言えるかもしれない。
ただ、やはり18頭立ての18番枠は気になるところ。とにかく前に行ってしまえば良いタイトルホルダーと異なり、ある程度の好位につけたいこの馬にとっては外枠は単純に不利。同じような位置を取りたい他馬も多く、テンでうまく潜り込めないと、コーナーで外まわされたり、思ったより後ろの方に位置をとることを余儀なくされるかもしれない。
後ろからキレる脚を使えるタイプでもなし、早めに動かざるを得なくなり、他より消耗の激しいレースになってしまう危険性もある。尤もこのメンツならそれでも勝ちきってしまうのかもしれないが。


あとはこの中なら走力上位のヒートオンビートにGⅠ男・池添が跨るのも怖いし、忘れちゃいけないのが盾男・武豊が跨るハヤヤッコ。
久々に芝を使った日経賞では内枠を利した立ち回りだったとはいえ、目を瞠るパフォーマンスを見せており、距離が伸びて消耗戦になれば更に良いかもしれない。
ダートの頃から戦績にムラがあり、特に輸送競馬では結果を残したことがなかったりと、過大な期待は禁物だが、ちょこっと抑えとくと面白いかもしれない。


今回はこんなものも書いておりますので、ご参考までに。
kakuyomu.jp