にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2022 ヴィクトリアマイル 予想

GⅠ馬5頭、稀に見る好メンバーと言われている春のマイル女王決定戦であるが、昨年一昨年のような現役最強クラスのスーパースターは不在で、かなりの混線模様。
実績馬、期待馬、穴馬、どこから入っても良い顔ぶれで、予想の甲斐もあろうというもの。

◆ヴィクトリアマイル

◎⑪ファインルージュ
◯②ソングライン
▲⑯デゼル
☆③メイショウミモザ
☆⑧クリノプレミアム

土曜のレースを見る限り、コース替わり初週であるがかなり差しも届く印象。
レシステンシア、レイパパレ、ソダシといった名うての逃げ・先行馬が激しい流れを作り、中団辺りで脚を溜めて飛んでくる馬に勝機有りと見る。

 


◎⑪ファインルージュ
人気馬たちの中では最も瑕疵が少なく、これまでに崩れたのは明らかに距離長かったオークスのみ。
いつもあと一歩足りない印象だが、東京新聞杯にて直線だいぶ長いこと前壁になりながらも空いてからの伸びで2着まで来た走りぶりには確かな成長を感じられた。
サトノレイナス、アカイトリノムスメといった同期のライバルが次々引退してしまい、ソダシも気性に不安が拭えないところ、この世代の牝馬トップとして名乗りを上げるのではなかろうか。


◯②ソングライン
府中の、というより左まわりのレースでは無類の強さを誇る、条件付トップマイラー候補。
今のところ右まわりしか崩れていないが、脆い時はとことん脆い馬なので、海外帰りなど心配ではあるが、圧倒的に強くてもおかしくはない。


▲⑯デゼル
一時は不調に喘いでいたが、勝ちに等しかった前々走、見せ場十分の前走と、復調の兆しは見えている。少なくともまだ終わってはいない。
人気もしていないし、かつて府中の地で見せた爆発的な末脚に期待してみたい。


あとは前哨戦勝っていながら、フロック視もしくは低レベルレースだったとみなされているっぽいメイショウミモザとクリノプレミアムはどちらか開花してるんじゃないかと。
3連系買うならこの辺絡めて高配当狙ってみたい。

他の人気馬について、
レイパパレは初の府中はさほど気にはならないが、詰まったローテでのシーズン3戦目は厳しいんじゃないかと。
ソダシは前述の気性の不安の他、展開利もあったフェブラリーS3着はここに臨む馬としてはさほど強調材料でもないのかなと。
1年ちょいぶりのデアリングタクトは、休養前の2戦も三冠獲得時の姿ではなかったことを忘れてはならない。
というわけでこの3頭は人気考えたら買える馬じゃないかなと。まあ来ちゃったら諦めるしかない。


さあ華麗なる戦いを。