にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2022 日本ダービー(東京優駿) 予想

今年もこの日が来てしまった。
年に一度の競馬の祭典、選ばれしサラブレッドたちの一生に一度の晴れ舞台、たくさんのお金が国庫におさまる日。

当方も3年ぶりの現地観戦ということで、前日から些か昂揚。
完璧な予想と馬券を引っさげ、灼熱のフジビュースタンドで勝利の咆哮を。

◆日本ダービー

◎⑫ダノンベルーガ
◯⑮ジオグリフ

皐月賞にて人気に推され、実際上位に入り力を示した4頭に今回も人気集中。
となると、皐月賞で敗れた他の者や、別路線から穴あけ馬を見出したいところではあるが、過去レースを丹念に見るほど、4強が抜けているように思える。勿論良くも悪くも案外はあり得るが、2頭以上が崩れることは考えにくいかなと。

となると、予想の方向は4頭の中から更にどう絞るか。結論はこうなった。

 


◎⑫ダノンベルーガ
次を見据えた仕上げであることを半ば公言していた皐月賞では、おそらく得意ではない小回りで馬場の良くない最内を走っての4着。
満を持してのこの舞台で真価を発揮したら、圧勝もあり得ると見ている。それだけ府中での2戦は鮮烈だった。
脚の古傷や、これまで涼しい時季にしか走ってないところ30℃越えの炎天下に耐えられるかなど不安要素はあるが、他馬と条件は同じ。(暑い時季に走ったことある馬でも急激な気温上昇は初めての筈)
単勝2倍台とかならともかく、嫌いすぎることはないかなと。


◯⑮ジオグリフ
皐月賞上位組が人気を集めているが、着順とは逆転しているのが興味深い。
直線の長い東京に変わること、距離適性や臨戦から多くの人がそういうジャッジをしているのだろうが、そうなると皐月賞で誰よりも最初にゴールしたジオグリフをチョイスしたくなる。上手く乗ったこともあるにせよ、いやシンプルに強かったじゃんと。
父ドレフォンは短距離ダートで名を成した馬ではあるが産駒の距離適性はまだ未知数、母系を見る限りはむしろ2000〜2400ぐらいがベストかもしれず、距離で嫌われるなら喜んで買いたい。


もちろん他2頭も強いとは思う。

が、イクイノックスは半ば直感のようなものだが、サートゥルナーリア感があるというか、接戦になった時に脆そうな気がしている。直線半ばでぶっちぎってしまえば手がつけられないかもしれないが、他有力馬と叩き合いになったら屈するんじゃないかなと。

ドウデュースは、ここまでの臨戦と皐月賞の競馬ぶりといい、友道厩舎である点といい、ワグネリアンと重なるものがあり、いかにもここでやってくれそうな気配はある。
が、外目の枠を引いた鞍上武豊は差し馬を強引に出していくようなタイプの騎手ではない。おそらく4年前の福永祐一のような乾坤一擲の先行策はとらないだろうし、とったとしても他有力馬の良い目標になるだけと思われる。
今回、道中で自分より前にいる他有力馬を直線でまとめて交わすのは難しいと判断したい。

とはいえ、その辺りを完全に切るのは狂気の沙汰。
前日段階で本命対抗のワイドが6.4〜7.3付いており、3連系にしてヒモにイクイノックス、ドウデュース他を入れるぐらいならワイドで十分という勘定になる。

当日のオッズも見つつだが、本命対抗の馬連(か馬単)・ワイドでのシンプルな勝負にしようかなと思っている。
本当は返し馬まで見てから決めたいのだが、その後に馬券買いに行くと席まで戻れなくなる恐れがあるのが悩ましいところ……