にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2022 鳴尾記念・函館スプリントステークス・エプソムカップ 感想戦

近頃はめっきり愛棋家となっており、他のことが色々おざなりに。
安田記念の感想戦以来の当ブログ、先週先々週の重賞をまとめて。

まずは安田記念ウィーク開催の、一応宝塚記念のステップとされているレース。
今や本番に繋がるどころか、ここから宝塚記念に向かう馬自体が少なくなっているが、昨年ここ勝ってから本番で馬券になった馬が久々に出てきていたりして、決して軽く見てはいけない一戦。

◆鳴尾記念

【着順】
②ヴェルトライゼンデ
⑨ジェラルディーナ
③サンレイポケット
⑤ギベオン
④キングオブドラゴン

スローだったが、道中は中団にいた3頭のワンツースリー。
コーナーで詰めてきて、そのままスピードに乗って抜け出す騎乗はレーンの真骨頂という感じ。1年4ヶ月ぶりのダービー3着馬もそれによく応えてくれた。是非宝塚記念で観たい1頭ではあったが、まあさすがに長休明けでそんな強行軍はしない模様。

2着ジェラルディーナは、OP入りしてから片鱗は見せるものの結果を出せなかったが、ようやく重賞2着で賞金を加算。
仁川で目の当たりにした準OPの勝ちっぷりがなかなか衝撃的だったので、秋の飛躍に期待したいが果たして本格開花なるかどうか……

 


そして沈没の安田記念を経て、北海道場所も始まり、いよいよ夏競馬の開幕。

◆函館スプリントステークス

【着順】
⑦ナムラクレア
⑪ジュビリーヘッド
⑤タイセイアベニール
⑯レイハリア
②キャプテンドレイク

洋芝は力が要るなんてのは遥か昔の話。
好天に恵まれた開幕週のこのレースは、直線短いこともあり我先に前を目指すハイペースになるのが常。
そんな中、無理なく好位につけたナムラクレアが簡単に抜け出して後続を千切って勝利。スプリント戦で2.5馬身差とかなかなかできるものではない。やはり桜花賞3着馬の斤量50は反則だった模様。

2着中穴、3着大穴で、配当はかなりのものに。固い馬から穴っぽいところへ流す派の人とか、穴党だけど相手は現実的に選ぶ派の人とかは結構取れる馬券だったろうか。割と後者である筈の自分は取れなかったけど。

◆エプソムカップ

【着順】
⑥ノースブリッジ
⑧ガロアクリーク
⑤ダーリントンホール
⑪ジャスティンカフェ
②タイムトゥヘヴン

最初と最後の1ハロンずつ以外は全て11秒台の淀みのない流れに。
行きたがる様子なのをグッと宥めて好位にいたノースブリッジ&岩田康誠が、直線抜け出して、馬場の良い外側から伸びてきたガロアクリークの追撃をクビ差しのぎ切り勝利。OP入り即重賞制覇。まだ4歳だけに更に上のステップでも期待したい。


ちなみに馬券はどれもハズレだったよ。
ショウナンバルディとかボンセルヴィーソとかチョイスしたあたり、何だか時流に乗れてない感。
この辺りのベテラン勢も、条件が合えばまだひと花あるだろうか。あってほしい。


今週末は見の予定であるが、なかなか面白い顔ぶれということで、当日になったら食指が動いてしまうかも。