にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2022 マーメイドステークス ・ユニコーンステークス 感想戦

人魚と一角獣、伝説上の生き物の名を冠したレースが同日に行われるというのも何とも趣深く、やるなJRAと感心したり。
(昨年からなので、京都改修が終わって開催日割が戻ったらまた1週ずれるかもだが)

GⅠ戦線最終戦を控えたここ2週は見にしようかとも思ったのだが、まああまりダラついた日曜を過ごすのもなと、当週は人魚の方だけちょろっと。

◆マーメイドステークス

どうせ軽ハンデの条件馬が来るんでしょといかにもに見える馬を本命にするも、世の馬券師たちも同様に考えたか結構人気してしまっている。
となると相手は少し美味しめの2頭で。
1番人気で負けた次走で人気落としてたら買いの法則でアイコンテーラー、昨年2着、その後もGⅠ含めて重賞3連続3着とフロックでは無い強さを見せたクラヴェルがハンデ重めとはいえ美味しいのかなとチョイス。

【着順】
⑦ウインマイティー
⑫マリアエレーナ
③ソフトフルート
⑯リアアメリア
④ステイブルアスク

ペースは淡々。好スタートから先行勢に付けていたウインマイティーが直線入るや前を交わし、後ろを寄せ付けない完勝。
3歳秋以降苦戦続きであったがここに来て復活。オークス3着馬の力を見せてくれた。
後出しではなく、前走で復活の兆しがあるのかなとは思っていたのだが、こちらも思っていたよりはずっと人気していたので外してしまっていた。情けなや。

そしてそのオークスで4着だったリアアメリアも前で粘り、一時はマイティーとマッチレースになるのではとも思わせる見せ場を作って久々に掲示板入り。
翌週に夢のグランプリへと挑む、同期のオークス1・2着馬にもついつい復活劇を期待したくなるような流れであるが果たしてどうなるか。

 



◆ユニコーンステークス

【着順】
⑤ペイシャエス
②セキフウ
⑫バトルクライ
⑪ヴァルツァーシャル
⑮タイセイディバイン

こちらは見。ダートはそんな熱心に追っていない上に、芝で結構いいところまでいった馬の初ダート挑戦が何頭かいたりと、ちょっと手も足も出んなと。

府中マイルの重賞には度々あることだが、芝かと思われるようなハイペースとなり、スピードのみならず粘り腰も問われるレースに。
人気馬たちは伸びてこず、馬券になったのは7〜9番人気という荒れた結果に。
勝ち馬はムラはあるものの新馬戦や前々走を評価していれば、2着馬は2歳時の勢いとサウジでの結果を高く見ていれば買える馬かもしれないが、まあ自分には無理だったろうなと。見で正解だったかと。


さていよいよ次は夢のグランプリであり、上半期の総決算でもあるレース。
良い夢が観れるよう、しっかり準備して臨みたい。