にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2022 函館2歳ステークス・函館記念 感想戦

ここしばらく職場が繁忙期である上に、自分の中での第二次将棋ブームが到来しており、しかもほぼ観る専だった以前と違い、今回は指す将として一から勉強してるものだから時間がいくらあっても足りない。
元々夏競馬は半ばオフにしているのだが、ちと露骨におざなりになってしまってる感。

こりゃあかんと久々に馬券を買ってみたら珍しく的中なぞにありついて、ご機嫌にブログなぞ書いたりするゲンキンなわたくしである。


まずは早くもやってきた2歳世代最初の重賞。

◆函館2歳ステークス

【着順】
⑫ブトンドール
③クリダーム
②オマツリオトコ
⑨ゴキゲンサン
⑧ミスヨコハマ

関西最終週の上に天候にも祟られ時計の掛かる馬場での2歳戦としては速いペースで逃げていくクリダーム。自身もタフな代わりに追走勢にも脚を残させない逃げが奏功し、直線では後ろを突き放していく。
第二キーファーズ設立早々重賞勝ちかと思われたが、馬群から一頭ブトンドールが抜け出してきて、さすがに脚が上がっている逃げ馬を交わしさってフィニッシュ。ビッグアーサー産駒初の重賞勝ちというのし付きで世代の一番星に輝いた。

2着争いはワッショイ言いながら猛追してきたオマツリオトコから何とかクビ差凌ぎ切ったクリダームが制する。この賞金加算だけでも後々効いてくる筈。

 


翌日、同じ地にてこちらは歴戦の古馬たちによる戦い。
久々に買ってみたのはこちらの方。

◆函館記念

【着順】
①ハヤヤッコ
⑤マイネルウィルトス
⑧スカーフェイス
⑩ウインイクシード
⑫サンレイポケット

前日よりも更に荒れた状態の馬場にて、ダートで白毛馬初の重賞勝利馬となったハヤヤッコが、6歳にして芝でも泥だらけの輝きを見せた。
道中は多くの馬が避ける内ラチ沿いで好位をキープし、3コーナーで外に持ち出すと直線では走りやすい馬場の中どころへと抜け出し、そのまま先頭でゴールイン。人馬とも見事な仕事だった。
他掲示板組が皆後方勢だったあたりからも評価できる勝利だったかと。


なお当方の首尾はこんな感じ

当初からハヤヤッコに予感がしており、単勝の他、相手もスカーフェイスと定めてその2頭だけの馬連ワイドでドンといこうと算段していたのだが、サンレイポケットが実力の割にそこまでの人気ではなく、スカーフェイスとのワイドでさえ(購入時点で)9倍ぐらいつくとなると抑えとくのが賢明と思い直してしまう。
資金分配的にはハヤヤッコの方が一応抑えとく穴馬的な扱いとなってしまい、結果、ガッポリ儲けられた筈がそこそこの勝ちでおさまってしまった。
勝つには勝ったが何をやってんだかと。

こんなんじゃ夢の帯封など、本当に夢のまた夢。
夏競馬といえど緩むことなく、競馬道を追求していかねばならぬ。